アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > しわ、たるみ

***サプリメントのご購入はサプリメント・ショッピングナビ***
***ピーンとハリが欲しい方のためのサプリメント***
***しわ、たるみが気になる方のスキンケア***

しわ、たるみ

■しわ、たるみの原因と対策 | ■しわ、たるみの予防、改善のためのサプリメント

しわ、たるみの原因と対策


■小じわと大じわ
◎皮膚は一番外側の「表皮」の下に「真皮」、その下が「皮下組織」と三層になっています。

【小じわ】
◎表皮はさらに4層になっており、一番表面を角層と呼ばれる膜が覆っています。チリメンじわや小じわは肌表面の角層の保水量の低下、乾燥によって起こります。これらについては「肌荒れ、乾燥肌」の項を参照ください。小じわも放置しておくと「しわ」になるといわれますから早めのお手入れが大切です。

【大じわ、たるみ】
◎真皮は約2〜3mmの厚さで繊維芽細胞によって作られたコラーゲン(組織の形を保つ線維)とエラスチン(弾性を与える線維)とが網目構造をつくり、隙間を水分をたっぷりと含んだヒアルロン酸などのムコ多糖類が埋めています。これらが肌の張りや弾力をつくっています。

◎紫外線のUVA(波長が長く真皮まで届く)によって、繊維芽細胞を傷つけられると、コラーゲンやエラスチンが適切に作れなくなってきます。真皮の網目構造が壊れて、「しわ」となります。

◎年齢とともにコラーゲンやエラスチンは減少していきます。顔の表情筋も衰えてきて、「たるみ」が生じてきます。

◎紫外線対策、UVケアが重要です。オゾンホール等問題もあり季節を問わず必要です。
ページの先頭へ
*
■コラーゲン
◎真皮の栄養にはコラーゲンを。コラーゲンはたんぱく質ですから、サプリメントで摂取しても消化分解されてしまいますが、体内で再合成されやすいと考えられています。臨床試験でも、コラーゲン、特に低分子タイプのコラーゲンの摂取で皮膚の水分保持力の改善や弾力性増加といった効果が確認されています。

◎コラーゲンの合成を促進するビタミンC、MSMと一緒に摂取するとより効果的です。ルチンもコラーゲンの合成を促進します。

◎またアミノ酸数個で構成される低分子ペプチドのコラーゲンは、真皮のコラーゲン量の増加が通常のものに比較して高いことが報告されています。
ページの先頭へ
*
■ヒアルロン酸とセラミド
◎保水成分のヒアルロン酸や細胞と細胞をつなぐ細胞間脂質のセラミドが、肌の保湿とはりを増加させるとの報告があります。特に(角層の)乾燥による小じわには効果的です。ヒアルロン酸についても、低分子タイプが効果が高いようです。
ページの先頭へ
*
■健康な肌の維持に必要な栄養素
◎他に健康な肌の維持に欠かせないβカロテン、ビタミンB群、亜鉛やフリーラジカル対策として抗酸化物質のαリポ酸、コエンザイムQ10、ビタミンC、Eなども摂りたいところです。カロテノイドのアスタキサンチンも強力な抗酸化力をもっています。
ページの先頭へ
*
ページの先頭へ

しわ、たるみの予防と改善のためのサプリメント

【基本のサプリメント】
βカロテン
リコピン
ビタミンB群PABA
ビタミンC
亜鉛
*
【保水成分】
ヒアルロン酸(ムコ多糖体)
セラミド
コンドロイチン
*
[コラーゲンの合成促進]
コラーゲン
ビタミンC
MSM(メチル・スルフォニア・メタン)
ルチン
アミノ酸(リジンスレオニングリシン、etc)
シリビン(マリアアザミ抽出物) *
【抗酸化物質】
コエンザイムQ10
αリポ酸
アスタキサンチン
松樹皮エキス
SOD

【化粧品への配合成分】
レチノール(ビタミンA)
レチノイン酸またはトレチノイン
カイネチン
パンガミン酸
コエンザイムQ10
DMAE
ボトリウム(ボトックス様)成分(アルジルリン、マイオキシノール、ロイファシルなど)

*
乾燥による小じわにはヒアルロン酸などの保湿成分も有効
ページの先頭へ

スポンサード リンク




ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2011 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

しわ、たるみ

ツボ(指圧)

アロマテラピー&ハーブティ

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp


クリスタルセラム
ハリたるみに、アンチエイジング美容液の決定版。 高浸透型ビタミンC APPSの再結晶型を高濃度配合。さらに油溶性ビタミンC誘導体のナノカプセルも高配合。
【トゥベール】

最新トピックス


関連トピックス

【熱めのお風呂にシワ・シミ予防、お肌のアンチエイジング効果!?】9/10/2012
【美容整形は見た目年齢を最大 8 歳若返らせる!】2/23/2012
【ボトックス注射が偏頭痛を改善】2/16/2010
【不況は“美容整形大国”も直撃!?】3/18/2009
【科学的に有効な「しわ」治療】8/30/2008
【レーザによる美肌治療は長期にしわを改善】7/22/2008
【トマトが紫外線から肌を保護、肌の若返りも期待 !! 】4/29/2008
【ボトックスの毒素は皮膚から脳へ移動 !? 】4/7/2008
【肌老化を逆転、赤ちゃんの皮膚に若返らせることに成功】11/30/2007
【非常に多くの男女が美容整形に関心】10/28/2007
【ブロッコリー新芽抽出物が、紫外線から肌細胞を守って皮膚がん予防】10/23/2007
【お肌の老化を予防する食事 !! 「あぶら」が大切 !? 】10/21/2007
【しわ取り、アンチエイジング・スキンケア製品を使用する前に知っておきたいこと】7/15/2007
【ビタミンA が肌老化、シワ、肌のキメを改善】5/22/2007
【肌のしわ、たるみ、フェイスリフト用スキンケア製品が皮膚細胞に損傷】4/22/2007
【全身の肌老化を、喫煙が促進する】3/20/2007
【ヒアルロン酸注射が肌細胞にコラーゲンの生産させて皮膚を若返らせる】2/21/2007
冬のお肌の乾燥を防ぐための 8 つのアドバイス/A>1/22/2007
【美容整形のしわ治療のボトックス注射でボツリヌス菌中毒】11/22/2006
【美容整形が鬱(うつ)病を改善】10/09/2006
【女性の皮膚は、男性より早く老化する。コラーゲンが劣化】10/06/2006
【V型コラーゲンに着目したシワ、肌弾力の改善効果、亜熱帯植物の「デュアバンガ」】9/28/2006
【日焼けを癒して、皮膚ガンを予防する新しい日焼け止め】9/08/2006
【豊胸手術は乳ガンのリスクを高くしないが、自殺が増加】8/19/2006
【細めの女性はダイエットでセルライトが悪化する】8/17/2006
【体内時計と老化のコネクション。アンチエイジングに良い睡眠を】7/18/2006
紫外線が強い季節、あなたの知識、対策は大丈夫?レシャー博士の紫外線IQクイズ6/04/2006
【ハーブサプリメントや代替医療は手術のリスクを高める。米国形成外科協会】2/21/2006
【オルニチンの美肌効果を確認、冷えも改善】11/05/2005
【マリアアザミ抽出物にシワ改善効果】10/11/2005
【大豆イソフラボンにシワやたるみの改善効果】9/17/2005
【喫煙は5歳以上、肌を老化させる】9/14/2005
【化粧品の防腐剤が紫外線を受けると肌老化を促進する】8/26/2005
【アミノ酸の一種カルノシンを含む顔用シートマスクで肌の弾力とキメを改善】7/19/2005
【ブラジルニンジンに皮膚老化改善効果の可能性】6/17/2005

*

スポンサード リンク