アライブ!サプリメントカフェ

目的・症状 > 女性の排尿の悩み(尿道炎、膀胱炎)

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***クランベリー・ジュース&サプリメント***

女性の排尿の悩み(尿道炎、膀胱炎)

■排尿の悩み | ■女性に多い、急性膀胱炎や尿道炎 | ■排尿の悩みに役立つサプリメント

排尿の悩み

■尿の量と排尿の回数
◎通常、だれでも1日 4 〜 6 回は排尿します。大人の尿の量は 1 日約 700 〜 1900 ミリリットルといわれます。水分を多く摂ったり、利尿効果のあるものを摂取したり、血糖値が上昇しても尿の量、回数ともに増えます。
ページの先頭へ
*
■頻尿や排尿痛
◎尿の量は変わらないのに排尿の回数が増加した場合は尿路感染症か結石や腫瘍等により膀胱や尿道が圧迫刺激されていることが考えられます。腎臓の尿を濃縮する働きが損なわれても尿が増加します。

◎頻尿の原因として糖尿病や腎臓病、腫瘍が隠れている場合もありますから注意が必要です。

◎性感染症が原因で頻尿や排尿痛が起こることもあります。

◎疾病以外にも冷えや緊張から度々トイレにいきたくなる場合もあります。
ページの先頭へ
*

女性に多い、急性膀胱炎や尿道炎

◎女性に多い悩みは急性膀胱炎や尿道炎です。 20 代後半と 55 歳以上に多いといわれます。女性は身体のつくりの特性---尿道が短い、尿道と肛門が近い---から尿道や膀胱に大腸菌などの細菌が進入しやすいため「尿路感染症」に罹りやすくなります。

◎細菌が進入しても通常は尿によって洗い流されますが、免疫力が落ちていたりすると炎症を起こします。症状としては頻尿、排尿痛、尿のにごりがあります。

◎更年期以降の女性ホルモン・エストロゲンの減少による膀胱や尿道の萎縮が原因で頻尿などの症状がでることがあります。また子宮筋腫による圧迫などが原因で頻尿になることもあります。

尿失禁

◎尿失禁とは、尿が漏れるのをコントロールできない状態です。男性より女性に多くみられます。主に高齢者で起こりますが、若い成人でも発生します。大半の人は治療によって完治するか、症状がかなり軽減します。

◎腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、溢流(いつりゅう)性尿失禁、機能性尿失禁、以上が複合した混合型尿失禁の 5 つのタイプがあります。

◎腹圧性尿失禁は、せきやくしゃみ、力んだり、激しい活動で腹圧がかかったときに、不随意に少量の尿が漏れてしまう状態です。若い女性や中年の女性の尿失禁で、最も一般的なタイプです。肥満は状態を悪化させます。排尿をまめにして膀胱に尿がたまるのを避けて、骨盤底の筋肉を鍛えるケーゲル体操も有効です。

◎切迫性尿失禁は、高齢者に多く、強い尿意が急に起こり、コントロールできずに尿が漏れてしまう状態です。

◎溢流性尿失禁は、詰まりや、膀胱の筋肉力低下が原因で少量の尿が漏れ出てしまう状態で、機能性尿失禁とは、トイレへ行くことができないか、行かないために尿が漏れてしまう状態のことです。

ページの先頭へ

排尿の悩みに役立つサプリメント

【女性の悩み/尿路感染症】
クランベリー
エキナセナ
ネトル
プリポリス
*
【女性の悩み/頻尿・尿失禁】
イソフラボン

ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

サプリメントの
基礎知識

排尿の悩み

関連する目的・症状&サプリメント

ライブラリ


Web www.rda.co.jp

*

最新トピックス


関連トピックス

【ビタミンC サプリが腎臓結石のリスクを 2 倍に!?】2/7/2013
【クランベリージュースが尿路感染症を防ぐ】9/26/2012
【クランベリーが尿路感染症を予防! 】7/10/2012
【感染症の予防にはクランベリーのサプリよりジュース!】10/31/2011
【排尿回数の増加は膀胱がんを予防、特に喫煙者で有益】8/4/2008
【ハイヒールが性生活を向上させる !? 】2/05/2008
【子宮の摘出手術は尿失禁のリスクを増加させる】10/29/2007
【緑茶が膀胱ガンや膀胱炎などを予防】5/21/2007
【抗生物質の代替手段に。歯周病、尿道炎などへの効果で知られるクランベリージュースの抗菌作用しくみが明らかに】9/11/2006
【オレンジジュースは腎臓結石を防ぐ】8/30/2006
【お腹の痛みに、湯たんぽの鎮痛効果は鎮痛薬と同じ】7/05/2006
【セント・ジョンズワートが膀胱(ぼうこう)炎の痛みを緩和】5/30/2006
【早期の前立腺ガンはライフスタイルで症状改善可能】>9/28/2005

*

スポンサード リンク