アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

運動前にコーヒーを飲むべし!

  一日の始まりの儀式として、一杯のコーヒーが習慣の方も多いと思います。

  コーヒー愛飲者には朗報です。コーヒーは頭脳を目覚めさせてシャープにしますが、効能はそれだけではないようです。

  朝のジョギングの前や夕方のジムでの運動の前にコーヒーを飲むことは有益だろうと、新しい研究は示しています。

  運動の前にコーヒーを飲むと、飲まない場合より、アスリートの持久力が向上することを発見しました。

  持久トレーニングをするアスリートの多くが経験から、トレーニング強度と競争力の向上のための手段として、運動の前にカフェインを摂取します。

  過去の多くの研究は、持久力の改善に役立つ成分としてカフェイン自体に注目しました。

  コーヒーはカフェインの一般的な供給源ですが、持久力向上のためのコーヒーの効能は明確ではありませんでした。

  米国のジョージア大学のシモン・ヒギンス(Simon Higgins)氏のレビューが、 International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism 誌電子版に掲載されました。

  「コーヒーを飲んでカフェインを摂取することは、カフェインの錠剤を摂取するのと同じ効果が得られるだろう」とヒギンス氏は言います。

  ヒギンス氏は、3つのデータベースを使ってコーヒーに関する 600 の学術研究を特定し、今回のレビューのためにコーヒー(からのカフェイン)摂取の持久力への影響を調べた 9 の無作為化対照研究を選定し、レビュー(精査)しました。

   9 の研究では、被験者はコーヒーを飲んだ 45 分以上後に、激しい運動をしました。具体的には自転車を漕ぐか走りました。

  コーヒーを飲まない場合と比べ、コーヒーを飲んだ後に持久力が「著しく向上」しました。

  このレビューに含まれる 9 研究のうちの 5 の研究では、疲労困憊するまで運動する実験では持久力を平均 24. 4 パーセント向上し、運動を完了する実験では持久力が 3 . 1 パーセント向上することが示されました。

  持久力を向上させるために、コーヒーから摂取する体重 1 キログラム当たり 3 〜 8 . 1 ミリグラムのカフェインは、無水カフェインのサプリメントの安全な代替物だろうと、ヒギンス氏は言います。

 コーヒー豆の種類や焙煎方法によりますが、カップ一杯のコーヒーには 75 から 150 ミリグラム以上のカフェインが含まれます。

  「カフェインの供給源としてのコーヒーに関する高品質の研究はないが、純粋なカフェインに関する多数の研究がある」とヒギンス氏は言います。

  「この研究の結論は、コーヒーはカフェインの錠剤を摂取するのと同等に役立つようだということだ」と続けます。

  アスリートは、カフェイン錠剤の代替としてコーヒーを飲むことができると意味します。

  しかし、アスリートのコーヒー摂取に関する警告があります。コーヒーに含まれるカフェイン量が明らかでない場合は注意が必要です。

  カフェインは世界アンチドーピング機関の禁止物質ではありませんが、NCAA(全米大学競技協会)禁止薬物リストに入っているので、アスリートはスポーツ栄養士を通してカフェインを使用するべきです。

1/6/2015
関連:アスリート、運動をするコーヒー

スポンサード リンク

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2016 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク