アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

毎日 1〜2 杯のコーヒーが糖尿病を半減!?

  コーヒー愛飲家には朗報です。毎朝とコーヒーブレイクのコーヒー習慣が糖尿病を半減するというのです。

  糖尿病は心臓血管疾患のリスク要因です。従って、コーヒー習慣はこのような加齢関連疾患の予防にも役立つでしょう。

  10 年間以上、コーヒーを毎日カップ 1 杯半または大きめのマグカップ 1 杯以上飲む習慣のある人々は、成人後に生活習慣が影響して発症する 2 型糖尿病のリスクが 5 割以上低減することを、新しい研究は発見しました。

  コーヒーの摂取習慣と糖尿病の低リスクの関係は、過去の多くの研究で示されています。

  今回の結果は、多量ではなく、多くの人々でみられるレベルのコーヒー摂取習慣が糖尿病の予防に役立つと示しました。

  この 10 年で、コーヒーはかつての健康に有害な飲料という誤解が解け、多くの抗酸化物質等の有益な成分が高レベルで含まれる健康飲料であるという認識されるようになってきました。

  ギリシャのハラコピオ大学のパナギオタコス(D B Panagiotakos)氏らの研究が、European Journal of Clinical Nutrition誌電子版に日付で掲載されました。

  この研究では、コーヒーの摂取と糖尿病の発症、酸化ストレスと炎症バイオマーカーによる潜在的な調停の間の関係を調べることでした。

  2001〜02 年に、ギリシャのアテ住民を対象とした ATTICA 研究から 18〜87 歳の 1514 人の男性と18〜89 歳の 1528 人の女性を無作為に選びました。

  食物摂取頻度アンケートを使用して、コーヒーの摂取習慣、他の生活習慣、食事要因を評価しました。同時に酸化ストレスと炎症マーカーを調べました。

  10 年後の 2011〜12 年に追跡調査を実施しました。

  追跡期間に、191 人(男性の 13 . 4 % 、女性の 12 . 4 %)が糖尿病を発症していました。糖尿病の発症は米国糖尿病学会の定義に従いました。

  コーヒーの摂取量で 3 グループ(全く飲まない、時々飲む、習慣的に飲む)に分けました。

  影響する要因で調整後に、コーヒーの摂取が 1 日当たり 250 ミリリットル以上の習慣的にコーヒーを飲む人々は、全く飲まない人々と比べ、糖尿病の発症リスクが 54 パーセント低いことを発見しました。

  コーヒーを飲む量と糖尿病の発生との間に、摂取量が増えると発症が減る比例的な傾向が認められました

  幾つかの酸化ストレス、炎症マーカーで制御すると、コーヒーの摂取習慣と糖尿病の発症の逆相関は、血液中のアミロイドA レベルによって仲介されることを発見しました。

  「この研究は、糖尿病の発症を抑えるために役立つ長期のコーヒーの摂取習慣の重要性を強調します。幾つかのコーヒー成分の抗炎症効果がこの保護効果の理由だろう」とパナギオタコス氏は述べています。

7/6/2015
関連:血糖値が気になるコーヒー

スポンサード リンク

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス


豆挽きからドリップまで全自動・ミル内蔵のコーヒーメーカー。


いつものコーヒーがもっとおいしく簡単に楽しめます。

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク