アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

結婚は健康に良い?悪い? 結婚すると「太る」は真実!?

  一般に、結婚は健康に好ましい影響をもつと考えられています。

  実際に、多くの研究が、既婚者は、独身者より、健康であり、重大な病気のリスクが低く、長生きできると示しています。

  しかし、結婚をすると、特に男性は体重が増加する傾向があり、幸せ太りなどと言われることもあります。

  新しい研究は、この「結婚の健康ボーナス」には、特に男性で、体重増加という負の側面のあることを確認しました。

  ヨーロッパ 9 カ国の合計 1 万人以上のデータから、既婚者は、独身者より、食習慣は健康的ですが、肥満度( BMI )が高く、運動量が少ないことを発見したのです。

  高い BMI 値は、糖尿病や心臓血管疾患のような慢性病のリスク要因です。

  ドイツのバーゼル大学のユッタ・マタ(Jutta Mata)氏、マックスプランク研究所のラルフ・ヘルトヴィッヒ(Ralph Hertwig)氏らの研究が、Social Science & Medicine 誌に掲載されました。

  オーストリア、オランダ、ポーランド、ロシア、スペイン、英国、イタリア、ドイツ、フランス、以上 9 カ国の合計 10,226 人を含む、代表的横断データを利用しました。

  この研究では面接調査を実施しました。これは自己記入のアンケートや電話調査よりもデータの質が高く正確になります。食習慣や運動習慣を尋ねて、体重増加の理由として何が考えられるのかも調べました。

  婚姻カップルだけでなく、同棲カップルのデータを加えた分析も実施しました。

  9 カ国の全ての結果が、男女ともに、カップルは、 独身者より BMI が大きいことを示しました。国家間の差は驚くほど小さいものでした。

  世界保健機関によると、BMI は、18.5〜25 が正常、25〜30 が太り過ぎ、30 以上は肥満として定義されます。

  この研究の平均 BMI は、男性では、独身者が 25 . 7 に対して既婚者は 26 . 3 でした。女性では、独身者が 25 . 1 に対して既婚者は 25 . 6 でした。

  これらの差は小さく見えますが重要です。平均身長の人々(女性 165 センチ、男性 180 センチ)で約 2 キロの違いを意味します。

  この分析結果は、社会経済的状態、年齢、国籍の影響が考慮されています。

  「この結果は、社会要因が健康に影響すると示します。結婚生活開始とその文脈内の行為における特定の変化が栄養と体重に直接的に関係した」とヘルトヴィッヒ氏は述べています。

  この理由は、食事と運動にあるようです。

  例えば、既婚者は、地産および未加工の食物を多く購入し、加工食品の購入は少ないようです。さらに、既婚男性は、独身男性より、オーガニックかフェアトレードの食物を買う傾向がありました。

  一方で、既婚者は、食事の脂肪や体重への関心が少なかったのです。

  さらに重要なことは、既婚男性は、独身男性より運動量が少なかったのです。

  「これは、既婚男性、特に長期の結婚生活をしている男性は、より意識的な食事をしていて、従って、健康である傾向があると示している」とマタ氏は述べています。

  「この結果は、過去の研究の想定とは異なり、カップルは全ての面で単身者より健康であるとは言えないと示している」と続けます。

  減量のための介入は、既婚者と独身者との間の体重増加に関係する行動の違いを考慮することが役立つだろうと結んでいます。

7/5/2015
関連:抗肥満、減量、ダイエット

スポンサード リンク

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク