アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

毎日 2 枚の板チョコが心臓発作や脳卒中を予防!?

  チョコレート好きには朗報です。心臓病や脳卒中のような心臓血管疾患の予防のために、チョコレートを我慢する必要はないようだと、最新の研究は示しています。

  毎日 100 グラムのチョコレート、または 2 枚の板チョコを食べる人々は、全く食べない人々より、心臓発作や脳卒中のリスクがかなり低下することを発見したのです。

  この研究では、1 日当たりの平均で板チョコ 3 分の 1 枚〜 2 枚と最も多くチョコレートを食べる人々は、心臓血管疾患とその関連死のリスクが最も低かったのです。

  驚くことには、健康食品として名高いフラボノイド高含有のダークチョコレートだけでなく、ミルクチョコレートでも同様の健康効果があるというのです。

  合計 16 万人近くを含む過去の研究の関連レビューも、チョコレートの高摂取は心臓血管疾患のリスクを約 3 割減らし、関連死のリスクを半減すると示しました。

  心臓血管疾患のリスクを低減するためにチョコレートを食べない理由はないようだと、この研究者は結んでいます。

  イギリスのアバデーン大学のフォヨ・キャウ・マイント(Phyo Kyaw Myint)氏らの研究が Heart誌電子版に 15 日付で掲載されました。

  この研究は、欧州がん栄養前向き研究の英ノースフォーク支部( EPIC-Norfolk)の登録者である 20,951 人(男性 9214 人、女性 11,737 人)のデータを分析しました。

  EPIC-Norfolkでは、約 25,000 人が食物摂取頻度と生活習慣のアンケートに回答し、平均 11 . 9 年間追跡されました。

  同時に、合計で約 158,000 人を含む、チョコレートと心臓血管疾患の関係を示した既発表の 9 研究の系統的レビューも実施しました。

  約 12 年の追跡期間に、 3013 人が致死的は非致死的な心筋梗塞のような冠動脈心臓病か脳卒中を経験しました。

  チョコレートの摂取量で 5 グループに分けて比較しました。最大グループは 1 日当たり平均 16〜99 グラムのチョコレートを食べていましたが、最小グループはチョコレートを全く食べない人々です。

  約 2 割の人々はチョコレートを全く食べていませんでしたが、残りの人々は一日当たりの平均で 7 グラムを食べていました。

  最大グループは、最小グループと比べ、心臓発作や狭心症のような冠動脈心臓病のリスクが 12 パーセント低いことを発見しました。

  同様に、最大グループは脳卒中のリスクが 23 パーセント低下しました。

  冠動脈心臓病と脳卒中を合わせた心臓血管疾患のリスクが 14 パーセント低下し、関連死のリスクが 25 パーセント低下しました。

  この分析は影響する可能性のある要素で調整されました。

  チョコレートの摂取量が多いほど、若年で、体重、ウエスト:ヒップ比、最大血圧、炎症タンパク質、血糖値のレベルが低く、運動習慣をもつことが多い傾向がありました。いずれも心臓血管疾患のリスクの低減に貢献します。

  また、チョコレートの摂取量が多いほど、エネルギー摂取量が多く、食事に含まれる脂肪と炭水化物が増え、タンパク質とアルコールが減りました。

  しかし、食事要因を考慮後にも、冠動脈心臓病による入院か死のリスクが 9 パーセント低下しました。

  さらに、合計 157,809人を含む 9 つの既発表の関連研究の系統的レビューも、チョコレートを習慣的に食べることが冠動脈心臓病と脳卒中の両方のリスクを有意に低減することを示しました。

  チョコレートの高摂取は、冠動脈心臓病のリスクの 29 パーセント低下、脳卒中のリスクの 21 パーセント低下、 心臓血管疾患のリスクの 25 パーセント低下、その関連死のリスクの 45 パーセント低下に関係しました。

  「心臓血管疾患の高リスクの人々は、健康な人々より、チョコレートの摂取が少ないということが、この結果の説明するかもしれないがしかし、蓄積されたエビデンスは、チョコレートの高摂取が将来の心臓血管疾患の低リスクにつながると示唆している」と、マイント氏らは述べています。

  さらに、ミルクチョコレートはダークチョコレートより健康効果に劣ると考えられていますが、有益な健康効果はミルクチョコレートまで拡大するようだと指摘します。

  この研究の参加者は、ダークチョコレートよりミルクチョコレートを多く食べていました。

  「これはフラボノイド(カカオポリフェノール)だけでなく他の成分も、恐らくカルシウムた脂肪酸のような乳成分関連の物質が、この関係を説明するだろう」とマイント氏らは述べています。
  そして「心臓血管疾患のリスクを心配する人々に対し、チョコレートを避けるべきだというエビデンスはないようだ」と結んでいます。
6/17/2015
関連:心臓の健康脳卒中

スポンサード リンク

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク