アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

睡眠改善には「目的のある運動」が効果的!?

  良い眠りを望むなら運動が大切だと、43 万人近くを含む大規模研究は示しています。睡眠の悩みがある方もない方も、この週末は運動をしてぐっすり眠りましょう。

  睡眠は人間の身体的、知的な能力に関係することが分かっています。

  ウォーキング、サイクリング、ランニング、ウェイトリフティング/筋トレ、エアロビクス/エクササイズ、ガーデニング、ヨガ/ピラティス、ゴルフのような全ての運動/身体活動が、夜にぐっすりと眠ることにつながることを、この研究は発見したのです。

  しかし、ただ歩くことも睡眠の改善につながりましたが、ランニングやヨガのような「目的のある運動」はより強力に睡眠を改善しました。

  驚くことに、ただたくさん歩くよりはゴルフの方が良い睡眠につながったのです。運動に集中することがリラックス効果を含む精神に良い影響があるのでしょう。

  しかし、家事や子どもの世話に関係した身体活動は、睡眠不足のリスクを増やしました。

  米国のペンシルバニア大学のマイケル・グランドナー(Michael Grandner)氏らが、睡眠専門家協会に年次総会で今週発表しました。

  この研究は 42万9000 人以上の米国の成人の調査データを分析しました。

  「この研究結果には驚いた」とグランドナー氏は言います。

  「この研究は、(運動を全くしない人と比べ)、ほぼ歩くことだけが運動だという人々も良い睡眠習慣をもっている傾向がありましたが、ランニングやヨガのような目的のある活動はより強力な効果があった」と続けます。

  ガーデニングやゴルフでさえも、ウォーキングより、睡眠改善につながりました。

  「身体活動の大部分は家事や子育てだという人々は睡眠が不十分な傾向があったことも興味深いことです。家事と仕事は睡眠不足の主な理由の一つであることがわかっている」と言います。

  これらの結果は人間の能力における睡眠の役割を調べた過去の研究と一致します。実験室研究は、睡眠不足が身体的と精神的な人間の能力に影響することを示しています。今回の研究は現実世界でも同様だと示す」と説明します。

6/13/2015
関連:不眠症、睡眠不足、良い睡眠

スポンサード リンク

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク