アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

魚油が筋肉量減少と筋力低下を予防!?

  サバやイワシ、サンマ、カツオのような魚に多く含まれる脂肪(魚油)の摂取が、加齢に従って減少する筋肉量と筋力を維持するために役立つことを、新しい研究は発見しました。

  筋肉量と筋力は一般に加齢に従って減少します。これが、高齢者で、転倒や身体的な日常生活活動の能力が損なわれること、死亡リスク、入院後の回復時間が長引くことなどの大きなリスク要因です。

  これらのリスクを低減し、自立した生活を維持するために、加齢関連の筋肉量減少と筋力低下を低減する新しい戦略が必要とされています。

  過去の別の研究でも、魚油に含まれる n-3 脂肪酸は体内のタンパク質合成を促進し、筋肉量を増やし、筋力の低下を防ぐために役立つことが示唆されています。

  米国のワシントン大学医学部のベティーナ・ミッテンドルフ(Bettina Mittendorfer)氏らの研究が、The American Journal of Clinical Nutrition誌電子版に5月20日付で掲載されました。

  この研究チームは、加齢関連の筋肉の量と機能の低下を抑制するための魚油由来の n-3 脂肪酸の効果を評価しました。

  魚油由来の n-3 脂肪には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等が含まれます。

  この研究では、60〜85歳の 60 人の健康な男女を無作為に分け、6 カ月間、40 人に n-3 脂肪酸を、20人にコーン油を摂取してもらいました。

  n-3 脂肪酸グループの 29 人とコーン油グループの 15 人、合計 44 人が 6 カ月間の介入を完了しました。

  介入期間の前後に、大腿部の筋肉量、握力、上半身と下半身の 1 回反復(挙上)可能な最大重量 (1-RM)、脚部の等速性運動中の平均筋力を測定しました。

  n-3 脂肪酸グループは、コーン油グループと比べて、大腿部の筋肉量が 3 . 6 パーセント増加しました。

  さらに、握力が 2 . 3 キロ増加し、 1-RM が 4 . 0 パーセント増加し、脚部の等速性運動中の平均筋力が 5 . 6 パーセント増加しました。

  「魚油由来の n-3 脂肪酸の摂取は、高齢者の筋肉量と筋力の正常な加齢関連低下を抑えることが分かりました。サルコペニア(加齢性筋肉減少症)の予防と身体的に自立した生活の維持のための治療法として魚油由来の n-3 脂肪酸の摂取を検討するべきだ」とミッテンドルフ氏は述べています。

***魚油、EPA&DHA のお勧めサプリメント

6/02/2015
関連:抗加齢、アンチエイジング

スポンサード リンク

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク