アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

赤ブドウ、赤ワインが脂肪を燃焼、脂肪肝を改善!?   2/10/2015

  赤ワインか赤ブドウジュース、あるいは暗赤色のブドウを食べることが脂肪の燃焼を助け、脂肪肝のような症状を改善できるようだと、新しい研究は示唆しています。

  赤ワインまたは原料の赤ブドウに含まれるエラグ酸と呼ばれる物質が、劇的に脂肪細胞の成長および新しい脂肪細胞の形成を抑制し、肝臓細胞の脂肪酸の代謝を高めることを発見しました。

  不健康な高脂肪食を食べて太っても、同時に赤ワイン抽出物を摂取した場合は、血糖値が健康レベルで維持され、脂肪肝を免れたことを、動物の研究が示しました。

  食事とともにグラス 1〜2 杯の赤ワインを楽しむべき理由が追加されました。赤ワインに含まれるポリフェノールが加齢関連の心臓血管の健康に有益であることが知られています。

  食事と伴に飲むグラス 1 杯の赤ワインが、過体重の人々の健康の改善、特に糖尿病や脂肪肝のような代謝異常の改善に役立つかもしれません。

  エラグ酸は、赤ぶどうの他にも多くの野菜や果物に含まれますが、ラズベリー、イチゴ、クランベリー、ブドウ、クルミ等に特に多く含まれます。

  しかし、飲酒は適度にすべきで、エラグ酸は奇跡の減量薬ではないと、この研究者は強調しています。

  米国のオレゴン州立大学のニール・シェイ(Neil Shay)氏らの研究が、Journal of Nutritional Biochemistry誌 1 月号に掲載されました。

  この研究では、人間の肝臓細胞と脂肪細胞を、暗赤色のマスカダイン種のブドウに含まれる 4 つの天然物質に浸しました。マスカダイン種は、アメリカ東南部のワインを作るマスカット種のブドウで暗赤色または濃紫色をしています。

  天然物質の一つがエグラ酸で、特に有力だと証明されました。

  このチームは以前の研究では、赤ワイン用の代表的なブドウのピノノワール種でも実験しました。

  「脂肪、特に肝臓の脂肪の燃焼を促進することによって、この植物性化合物は肥満の人々の肝臓機能を改善するだろう」とシェイ氏は言います。

  「ブドウのような一般的な食物を使用して、有害な肝臓の脂肪蓄積を低減する食事療法を開発できれば、それば朗報だろう」続けます。

  次いで、マウスを 2 群に分けて、 10 パーセントの脂肪食か 60 パーセントの脂肪食(人間の体重増加の原因となる不健康な食事に相当)を与えました。

  さら 10 週間の実験で、マウスを分け、一部のマウスにブドウ抽出物を与えました。人間では 1 カップ半のブドウに相当します。

  高脂肪食を過食したマウスは、運動不足で過食な人間のモデルです。

  高脂肪食のマウスは脂肪肝、糖尿病を発症しました。同様の代謝異常は人間でも過体重で座業的な人々の多くでみられます。

  しかし、ブドウ抽出物を与えた高脂肪食の太ったマウスは、高脂肪食だけのマウスと比べて、肝臓の脂肪蓄積が少なく、血糖値が低いことを発見しました。

  この実験で、エグラ酸が脂肪を燃焼することも証明されました。通常の食事をした痩せたマウスに近いレベルまで血糖値を下げました。

  「しかし、エグラ酸は奇跡の薬ではない。期待もしていなかったが、エグラ酸が体重を改善することを発見しなかった」とシェイ氏は言います。

  ブドウ抽出物を与えたマウスの脂肪組織を分析して、PPAR-アルファおよび PPAR-ガンマ(脂肪と砂糖を代謝する細胞内で働く 2 つのタンパク質)の活動レベルが高いことを発見しました。

  シェイ氏は、エラグ酸および他の化合物が PPAR-アルファおよび PPAR-ガンマの核内ホルモン受容体に結合して、食事の脂肪および糖の代謝を促すと考えています。

  これは、一般的な処方薬が血糖値や中性脂肪値を下げる方法です。

  「我々は健康利益のための特定の食物の特定の効果を検証しようとしている」とシェイ氏は言います。

  「食物の選択のために、代謝機能を高めるなど、特定の健康利点のあって一般的で広く入手可能な食物の情報を提供することが我々の研究の目的です。買い物に出かけて、ある果物があなたの身体の状態に有益だと知ったら買いたいと思いませんか?」とシェイ氏は述べています。

スポンサード リンク

2/10/2015
関連:肝臓の健康生活習慣病、メタボリックシンドローム

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2015 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク