アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

パンにオリーブオイルをつけて心臓発作を予防!? 11/25/2014

  パンにバターではなくオリーブオイルをつけて食べると、たった 6 週間で心臓発作のリスクを低減できると、新しい研究は示しています。

  毎日、小さじ 4 杯のオリーブオイルを摂取する習慣が、心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患に関係する動脈(血管)の健康状態を劇的に改善することを発見したのです。

  この効果は、特に普段オリーブオイルを摂取しない人々で顕著でした。

  オリーブオイルは心臓血管を保護する地中海式食事法の主要な構成要素であり、オリーブオイルの摂取が心臓血管疾患の予防に役立つことが示唆されています。

  オリーブオイルの保護効果はオレイン酸とフェノール成分に由来すると考えられています。フェノール成分はオリーブオイルを含む植物に天然に含まれます。

  心臓血管疾患のリスクに関係する悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防ぐ、オリーブオイルのフェノール成分の保護効果は欧州食品安全機関によって認められています。

  新しい研究は、プロテオミクスとして知られる解析法を使用し、フェノール成分の含有量に関係なく、オリーブオイルには冠動脈疾患の予防か改善の効果があることを明らかにしました。

  プロテオミクス解析法は、症状が現れる前の早期の発病サインを示す特定のタンパク質レベルの変化を検出できます。

  コレステロール値のような現在の測定値は、発病の有無ではなく、心臓病の発症リスクに関して告げるだけです。

  イギリスのグラスゴー大学医学部のエミリー・コンバット(Emilie Combet)氏、ウィリアム・マレン(William Mullen)氏らの研究が、The American Journal of Clinical Nutrition誌2015年1月号に掲載されました。

  この研究では、健康な 69 人の男女で、心臓の健康に対するオリーブオイルの効果を調べました。

  彼らを無作為に 2 つの分け、6 週間毎日、フェノール成分を高含有か低含有(体重 1 キロ当たり 286 mgと 18 mgのコーヒー酸相当)のオリーブオイルを摂取してもらいました。

  健康な成人の食事に1日当たり 20 ミリリットルを加えただけでした。野菜サラダにかけるか、パンにつけて食べました。

  研究開始時と 3 週間後、6 週間後に尿サンプルを採取し、冠動脈疾患のような病気のバイオメーカーとして既に特定されているペプチドのレベルを測定しました。

  6 週間後に、両グループともに、冠動脈疾患のリスクを示すプロテオミクスCADスコアに大きな改善がみられました。

  研究開始時と比べて、高含有グループは CAD スコアが - 0 . 2(-0 . 6 から -0 . 8)の改善を示し、低含有グループも - 0 . 3 (-0 . 5 から -0 . 8)の改善を示しました。

  このCAD スコアは 1 から -1 で、 -1 は究極に健康な動脈を示します。

  「我々が発見したことは、フェノール成分の含有量に関わらず、オリーブオイルは CAD スコアに良い影響があるということです。どのオリーブオイルでも有益であるようだ」とコンバット氏は言います。

  そして「食事の脂肪の一部をオリーブオイルに置き換えるだけでも心臓病のリスクの低減に大きな効果があるだろう」と述べています。

  この研究で検出された変化はわずかで、LDLコレステロール値や中性脂肪値のような心臓病の従来のマーカーは影響されませんでした。

  「食事は効果が見えにくく、これが人々への食事改善の説得を困難にしています。我々は、初めて、食事の健康効果を測定するためにプロテオミクス解析が使用できること示した」とマレン氏は述べています。

  「尿のプロテオミクス解析は、症状が現れる前に、発病の非常に早期であるかどうかを判定できます。さらに、生活習慣の改善か薬物療法の効果を示すことができる」と述べています。

スポンサード リンク

11/25/2014
関連:動脈硬化心臓の健康

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク