アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

走るシニアは 20 歳の身体を維持!? 11/23/2014

  ランニングが人気ですが、ランニングには本当に若さを保つ効果があり、走る習慣のあるシニアは 20 歳の身体を維持していると、新しい研究は示しています。

  運動のために週に数回走る習慣のあるシニアは、歩く時のエネルギー効率が 20 歳の若者と同じであることを発見したのです。

  これは 20 歳の若者と同じように筋肉を効率よく使用でき、身体を身軽に動かせるということです。

  若さを維持したい活動的なシニアの人々には、走る習慣があるならそれを続けるべきだと、この研究は示唆します。

  若者や中年の人々には若さを維持したいならジョギングを始めるのは良いアイデアだろうと示唆しています。

  一方、運動のためにウォーキングをしている高齢者は、歩く時のエネルギー効率がほとんどの時間を座って過ごす(座業的な)高齢者と同じでした。

  加齢に従って人々の有酸素容量または「体力」は低下しますが、これはランナーも同じであることは昔から知られています。新しい発見は、シニアランナーは「燃費(エネルギー効率)」を若い時のまま維持していることです。

  米国のコロラド大学ボルダー校のユストゥス・オルテガ(Justus Ortega)氏、ロジャー・クラーム(Rodger Kram)氏らの研究が、 PLOS ONE 誌電子版に20日付で掲載されました。

  「重要なことは、少なくともエネルギー効率において、ランニングがあなたの若さを保つということだ」とクラーム氏は言います。

  この研究は、コロラド州ボルダーの住人で、運動のためにウォーキングかジョギング(ランニング)のどちらかの習慣をもつ、平均 69 歳の 30 人の健康な男女(男性 15 人)を含みました。全員が予備的な健康診断を受けました。

  全員が、6 カ月間以上、週に 3 回以上、30 分間以上のウォーキング(15人)かランニング(15人)をしていました。

  ボルダーは 1970 年代から国際的なランニングのメッカとして知られ、比較的多数のシニアランナーがいます。

  参加者は、研究室でトレッドミル(ルームランナー)の上を、 3 種類の速度(毎秒 0 . 75 メートル、1 . 25 メートル、 1 . 75 メートル)で歩きました。各セッション中の酸素消費量と二酸化炭素生産量を測定しました。

  比較のため、(研究者の別の研究で集めた)若いか高齢の座業的な成人を対象とした同じトレッドミルテストのデータも使用しました。

  全ての速度で、ランニングをしていた高齢者の歩行は、ウォーキングをしていた高齢者より、歩行時のエネルギー効率が 7〜10 パーセント良く、座業的な 20 歳と同じでした。

  対照的に、ウォーキングをしていた高齢者の歩行は、座業的な高齢者と同じエネルギー効率で、若者より約 26 パーセント低下していました。

  ランナーとウォーカーの間に実質的な生体力学的違いはありませんでした。

  「この研究の発見は、ランニングのような高負荷の有酸素運動をする習慣をもつ高齢者は、座業的な人々と比べて、さらに運動のためにウォーキングをしている人々と比べても、歩行の代謝コストが低いことだ」とオルテガ氏は言います。

  「運動のためにランニングの習慣をもつ高齢者は、運動のためにウォーキングをしている高齢者より、効率的に歩くことができることには驚いた」と続けます。

  運動のために走り続けることは、老化過程を遅らせ、高齢者が若い時と同じように身軽に身体を動かせる状態を維持するために役立ちます。結果として生活の質と独立性を向上させるでしょう。

  これには、具体的には細胞内のエネルギー生産所であるミトコンドリアが関与しているとクラーム氏は考えています。

  ミトコンドリアは、 ATP(アデノシン三リン酸塩)と呼ばれる化学エネルギーを生産します。ATP は身体の組織が使用する生体エネルギーで、動いたり、物を持ち上げたり、走ったりする際の筋肉繊維のエネルギーです。

  運動習慣のある人々は、一般に細胞内のミトコンドリアが多く、このため大きな筋肉を動かすためのエネルギーをより多く供給できます。

  今後の研究で、シニア・ランナーの優れたエネルギー効率におけるミトコンドリアの役割を決定する必要があります。

  しかしウォーキングは健康のために有益であり、ウォーキングの習慣は続けるべきです。「運動のために歩くことは、心臓病や糖尿病、体重増加、うつ症状を防ぐ等、多くの有益な健康効果がある」とクラーム氏は言います。

スポンサード リンク

11/23/2014
関連:アンチエイジング、抗加齢

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク