アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

5つの習慣で心臓発作のリスクが 9 割低下!? 9/24/2014

  健康的な生活習慣を実行することで、実際に、心臓発作を防ぐことが可能であるようです。

  腹部肥満を防ぎ、健康的な食事、運動習慣、適度な飲酒、禁煙を含む 5 つの健康生活習慣が、心臓発作のリスクを 9 割近く低減することを新しい研究は発見しました。

  さらに、心筋梗塞の 8 割は予防可能だと示唆しています。

  心筋梗塞のリスクが最小だったのは、非喫煙者で、毎日 40 分間歩くか自転車に乗り、週に 1 時間の運動をし、適度な飲酒、健康的な食事習慣をもつ、メタボ腹ではない男性でした。

  朗報は、全てではなくとも、健康習慣を一つ増やすこと毎に、心筋梗塞のリスクが低下していくことです。

  スウェーデンのカロリンスカ研究所のアグネタ・アケソン(Agneta Akesson PhD)氏らの研究が、Journal of the American College of Cardiology 誌電子版に22日付で掲載されました。

  「この 10 年間に、多くは医療の進歩によって、心臓病による死亡数が減少しましたが、健康的な生活習慣を通じた予防は、医療の副作用を回避し、冠動脈心臓病の低減のための費用対効果に優れている」とアケソン氏は言います。

  「心臓血管疾患のリスクを下げる生活習慣選択を促進することで、その負担を有意に低減できるでしょう。処方薬を服用している場合でも、健康的な生活習慣選択をすると、リスクがさらに低下した」と言います。

  この研究では、45-79 歳の 20,721 人の健康なスウェーデン男性を、11 年間追跡したデータを分析しました。

  追跡期間に 1,361 例の心筋梗塞がありました。

  生活習慣は、研究開始時のアンケートの回答を使って査定しました。

  5つの健康的生活習慣要因は、(1)健康的な食習慣[推奨食品スコアの上位 2 割]、(2)適度な飲酒量[ 1日当たりアルコール量で 10〜30 グラム]、(3)禁煙、(4)運動習慣 [1 日に 40 分間以上のウォーキングまたはサイクリング、週に 1 時間以上の運動]、(5)健康的な腹囲 [ 95 センチ未満)]が含まれます。

  健康推奨食品には、野菜、果物、豆類、ナッツ・種子類、全粒穀物、魚介類、低脂肪乳製品が含まれます。

  個々の生活習慣要因ごとに、心臓発作の発症リスクの明確な低下を発見しました。

  生活習慣要因が増加するに従って、リスクが低下しました。

  例えば、適度な飲酒と健康的な食習慣、2 つの習慣を実行している男性は、健康的な生活習慣を全く実行していない男性と比べ、心臓発作のリスクが 35 パーセント低下しました。

  さらに、5つの健康習慣の全てを実行していた男性は心臓発作のリスクが 86 パーセント低下しました。

  高血圧と脂質異常症の男性でも、同様の結果を発見しました。

  これらの健康生活習慣の組合せは、この研究対象集団に基づいて、心筋梗塞の 79 パーセントを予防できる可能性があります。

  「健康な生活習慣が心臓発作のリスクを低減することは驚くことではありません。驚いたことは、これらの健康生活要因によって、どのように劇的にリスクが低下したかだ」とアケソン氏は述べています。

  「これらの生活行為は変更可能であり、高リスクから低リスクの行為への変更は心臓血管の健康に大きな影響があるでしょう。しかし、最善は、人生の初期に健康的な生活習慣を選択することだ」と言います。

スポンサード リンク

9/24/2014
関連:心臓の健康

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク