アライブ!サプリメントカフェ

 

ホーム > Hotトピックス

ゼロカロリー甘味料が肥満と糖尿病の原因!? 9/18/2014

  減量か肥満防止のために使用される人口甘味料が、逆に体重増加につながる場合があるかもしれないと、新しい研究が示唆しています。

  サッカリンなどの人口甘味料の摂取が、腸内細菌叢の構成と機能を変えることで、血糖値を上昇させ、体重増加を促進する可能性があることを発見しました。

  この研究では、6 日間の摂取によって、半分以上の人々でこの現象が認められました。

  飲み物や食べ物への人工甘味料の使用の普及は、世界的な肥満と糖尿病の流行を防ぐために貢献するかもしれないと考えられてきました。

  しかし、ここ数年、ゼロカロリーの人工甘味料が減量に役立たないように見える場合があるという事実は、研究者を困惑させています。

  人によって体質も腸内細菌叢も異なるので、自分の身体の反応を観察して、人口甘味料やサプリメントを使用することが大切であるようです。

  イスラエルのワイツマン科学研究所・免疫学部門のエラン・エリナブ(Eran Elinav )、エラン・セガル(Eran Segal PhD)氏らの研究が、Nature誌に17日付で掲載されました。

  「この結果は、非常に多量に消費されている人口甘味料の再評価が必要であると示しており、人間の健康全体における個人体質に合わせた医療と栄養の重要性を強調する」とエリナブ氏は述べています。

  この研究では、まず、マウスに最も一般的な3種類の人口甘味料(サッカリン、スクラロース、アスパルテーム)を飲み水に加えて与えました。このマウスは、通常の水を与えたマウスと比べて、さらに砂糖水を与えたマウスと比べても、血糖値が高く耐糖能異常を発症していました。

  別の種類のマウスを使用したり、人口甘味料の摂取量を変えて実験を繰り返しても同様の結果でした。

  次いで、腸内細菌叢がこの現象に関与しているという仮説を検討しました。

  人工甘味料は消化管で吸収されず通過し、腸内細菌叢の数兆個の細菌に出くわします。身体が「食物」と認識しない人口甘味料のような「新しい物質」への腸内細菌の反応が、代謝異常を引き起こすかもしれないと考えたのです。

  抗生物質で腸内細菌の大部分を根絶したマウスでは、人工甘味料の糖代謝に及ぼす影響は完全な逆転しました。人口甘味料を与えたマウスの腸内細菌を、通常のマウスに移植すると耐糖能異常を発症しました。

  また、体外で腸内細菌を人口甘味料を加えて培養すると、人間とマウスで、肥満や糖尿病を引き起こすことが知られている細菌構成に変化しました。

  これらは、腸内細菌の変化が直接的に有害な影響を担っているという決定的証拠だと、この研究者は述べています。

  次いで、400 人近くを含む食事摂取と腸内細菌叢の関係を調べた大規模な人間の臨床試験データを使用し、人口甘味料の長期の摂取と腸内細菌叢の構成および耐糖能異常傾向との有意な関係を明らかにしました。

  最後に、通常は人口甘味料を摂取していない 7 人の男女を対象に実験を行いました。 6 日間、米国食品医薬局による 1 日の推奨上限量のサッカリンを摂取してもらい、血糖値を測定し、腸内細菌叢の構成を調べました。

  6 日後に、7人のうちの 4 人に耐糖能異常の発症が認められ、腸内細菌叢にも変化がみられました。腸内細菌叢の構成がこの発症を説明しました。

  「耐糖能異常を発症した人々では、腸内の特定の細菌が人口甘味料に反応し、糖の過剰摂取と同様の炎症反応を誘発し、糖を利用する身体性能に変化を促した」とエリナブ氏は説明します。

  「腸内細菌叢との関係は、食べた物が我々にどのように影響するかを決定する大きな要因です。特に、人口甘味料の使用が(本来は)予防するはずの様々な異常を発症しやすくするという関係は興味深い」と述べています。

スポンサード リンク

9/18/2014
関連:血糖値が気になる

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク