アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

トマトが血管を元気にする!?   6/23/2014

  トマトは血管内皮機能を改善することで、心臓発作や脳卒中の予防に役立つようだと、新しい研究は示しています。

  トマトのリコピンが、2カ月間で、高リスクの人々の血管内皮機能を正常レベルまで回復させたのです。

  リコピンは、トマトの赤い色素で、優れた抗酸化ポリフェノールです。トマトの他にも、スイカやピンクグレープフルーツなどに含まれます。この研究者によると、リコピンの抗酸化力はビタミンE の 10 倍です。

  血管内皮は血管の内側を覆う細胞で、一酸化窒素などの血管に働きかける物質を放出し、血管の拡張・収縮、血管壁への炎症細胞の接着などを調節する機能をもちます。

  この機能不全は高血圧やアテローム性動脈硬化症の発症に関係し、結果として心臓発作や脳卒中のリスクを増やします。

  代表的な健康的食事法である地中海式食事法は心臓血管の健康に有益で、心臓発作や脳卒中のリスクを低減すると、過去の多くの研究が示しています。

  地中海料理といえば欠かせないのがトマトですが、新しい研究は、この健康利益にトマトのリコピンが寄与していることを明らかにしました。

  地中海式食事法は、地中海沿岸と島地域の伝統食に基づくもので、野菜や果物、全粒穀物、ナッツ類や豆類、魚介類、家禽類を食べ、赤肉や乳脂肪を避けます。オリーブオイルを使い、少量から適度の飲酒(主に赤ワイン)をします。

  イギリスのケンブリッジ大学のジョセフ・チェリヤン(Joseph Cheriyan)氏らの研究が、PLOS One誌電子版に9日付で掲載されました。

  この研究は無作為化対照二重盲検として行われました。

  36 人の心臓血管疾患の患者と 36 人の喫煙歴のない健康な人々を、それぞれ無作為に 2 つに分け、2 カ月間、毎日リコピンのサプリメントか偽薬のいずれかを摂取してもらいました。

  この間、通常の食事を続けるように依頼しました。

  サプリメントには1日当たり 7 ミリグラムのリコピンが含まれました。

  研究の開始時とと終了時に、被験者の前腕の血管内皮機能、動脈硬化、血圧および血中脂質を測定しました。

  血管内皮機能は、前腕の動脈内へのアセチルコリンの注入による血管の内皮依存性拡張応答、ニトロプルシドナトリウムによる内皮非依存性血管拡張、静脈脈波を用いた基底一酸化窒素(NO)合成酵素活性を測定をしました。

  2 カ月後に、リコピンが、心臓血管疾患の患者の血管機能を、健康な人々と同じ正常レベルまで改善したことを発見しました。

  リコピンは、「内皮依存性」血管拡張応答を 53 パーセント向上させました。

  「内皮非依存性」血管拡張と基底一酸化窒素(NO)合成酵素活性は変化しませんでした。

  研究開始の時点で、心臓血管疾患の患者は、コレステロール値を下げるためにスタチンを服用していて悪玉コレステロール値は健康な人々より低かったにも関わらず、内皮依存性血管拡張応答は健康な人々と比べ 30 パーセントも低かったのです。

   2 カ月間の摂取では、まだ血圧、動脈硬化、血中脂質への影響は認められませんでした。

  健康な人々の血管内皮機能に変化はみられませんでした。

  この結果は、心臓血管に対する地中海式食事法(の要素)の利益のメカニズムの一つを説明すると、この研究者は述べています。

  この結果は、メタボリックシンドロームの人々を含む、心臓病や脳卒中の高リスクの人々の健康的な食習慣の必要性を強調しています。

  「我々の研究はリコピンが血管機能を改善することを非常に明確に示しました。しかし、リコピンが心臓病のリスクを低減するかどうかを大規模臨床試験で決定することが必要だ」とチェリヤン氏は言います。

  「リコピンのサプリメントは他の治療に代わるものではありませんが、治療と併用することは有益だろう」と続けます。

スポンサード リンク

6/23/2014
関連:心臓の健康脳卒中
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

【Amazon.co.jp限定】 カゴメ プレミアムレッド・高リコピン・トマトジュース(食塩無添加) 30缶
1缶当たり 32 mgのリコピン含有

超濃縮 高リコピントマト増量!1本に野菜一日分350gをギュッと濃縮。24缶
1本当たり 24 mgのリコピン含有

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク