アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

痩せたいなら「 1 日 2 食だけ」が効果的!?  5/20/2014

  痩せたいなら 1 日の食事を朝食と昼食の 2 回だけにし、しっかり食べることが有効であるようです。

  最近、痩せるための食事法として、1 日の食事回数を 5〜6 回に増やし、1 回の食事量を減らすという食事法が注目されています。

  一部の専門家はこの食事は代謝を改善すると推薦します。逆に食事の回数を減らし、1 回の食事量を増やすと血糖値が上昇し太るというのです。

  しかし、新しい研究は、同じ低カロリー食なら、1 日 6 回に分けた食事より、朝食と昼食の 2 回の満腹の食事の方が、空腹感が少なく、減量と糖尿病の管理に有効であることを発見しました。

  1 日に 2 回の食事をした糖尿病の人々は、6 回の場合より、体重と腹囲の減少が大きく、肝臓脂肪が減少し、血糖値やインスリン感受性も改善したのです。

  これは、健康な人々でも同様だろうと、この研究者は述べています。

  チェコ共和国の臨床実験医学研究所のハナ・カホローバ(Hana Kahleova)氏らの研究が、Diabetologia誌電子版に18日付で掲載されました。

  この研究では、2型糖尿病の患者を対象に、 1 日 2 回の食事と 6 回の食事の効果を比較しました。

  2型糖尿病は、血糖を制御するインスリンを十分に生産できないと発症し、血糖値が非常に上昇します。治療をしないと、心臓病や脳卒中のような心臓血管疾患、神経障害、腎臓病、失明につながります。

  30〜70 歳の 54 人の糖尿病の男女を無作為に 27 人ずつ 2 グループに分け、12 週間、 1 日 6 回の食事か 1 日に 2 回の食事をしてもらいました。

 両グループともに、各人の安静時エネルギー消費量から 500 キロカロリー減らした同じカロリー制限食(平均 1700 キロカロリー)で、栄養内容も同じでした。

  次いで、グループを入れ替え、同様に 12 週間、1 日に 2 回か 6 回の食事をしてもらいました。

  1 日に 2 食グループは、6:00〜10:00 に朝食、 12:00〜16:00 に昼食を食べました。一方、 6 食グループは好きな時間に食べました。

  2 食グループは、6 食グループと比べ、体重減少が 1 . 4 キロ多く、腹囲減少が 3 . 67 センチ大きかったのです。

  体重減少は 2 食グループが平均 3 . 7 キログラム、6 食グループが 2 . 3 キログラムでした。腹囲の減少は 2 食グループが平均 5 . 14 センチ、6 食グループが 1 . 37 センチでした。

  肝臓の脂肪量も両グループで減少しましたが、2 食の方がより大きく減少しました。

  空腹時血糖値も両グループで低下しましたが、 2 食の方がより大きく低下しました。インスリン感受性も両グループで改善しましたが、 2 食の方がより改善しました。

  両グループともに、コレステロール値などへの大きな影響は認められませんでした。

  「夕食を抜くと夜間にお腹が空くことを心配しますが、 1 日 2 食でも満腹すると空腹感が抑えられました。対照的に、1 日に 6 回食べた時は(食事の量が少ないため)満腹感が得られず空腹を感じました。これには驚かされた」とカホローバ氏は述べています。

  さらに「我々の研究だけでなく、他の研究も、朝食および昼食をしっかり食べ、夕食を少なくすることが有益であることを示している」と続けます。

  「『王のような朝食、王子のような昼食、乞食のような夕食』という古いことわざが正しいことを確認する」と言います。

スポンサード リンク

5/20/2014
関連:血糖値が気になる生活習慣病、メタボリックシンドロームダイエット、抗肥満
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク