アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

地中海式食事法は血圧、血糖値、コレステロール値を改善!  5/15/2014

  エキストラバージン・オリーブオイルかナッツ類を追加した地中海式食事法は、血圧、血糖値、コレステロール値を改善し、心臓発作や脳卒中のような心臓血管疾患のリスクを低減すると、新しい研究は示しています。

  一方、食事の脂質を減らした低脂肪食は、コレステロール値を改善しただけでした。

  地中海式食事法、オリーブオイル、ナッツ類の心臓血管の保護効果は、主要なリスク要因の改善によってもたらされるようです。

  地中海式食事法は、心臓血管疾患を予防するための代表的食事法です。過去の多くの研究で、心臓血管への好ましい効果は示されています。

  これは地中海沿岸地域の伝統食に基づいた食事法で、全粒(未精製)穀物、果物や野菜、豆類、ナッツや種子類、魚介類が豊富で、豚や牛のような赤肉や乳脂肪を避け、オリーブオイルを使用し、少量から適度の飲酒(主に赤ワイン)が特徴です。

  エキストラバージン・オリーブオイルに含まれる一価不飽和脂肪酸のオレイン酸はコレステロール値を改善し動脈硬化を防ぐために、ナッツ類も高血圧や糖尿病、脂質異常症の予防に役立つことが示唆されています。どちらも活性酸素から細胞を保護する抗酸化ポリフェノールも豊富です。

  スペインのナバラ大学のエミリオ・ロス(Emilio Ros)氏らの研究が、Hypertension誌電子版に5日付で掲載されました。

  地中海式食事法の心臓血管疾患のリスクへの効果を調べる大規模研究( PREDIMED試験) の一部です。

  過去の分析で、エキストラバージン・オリーブオイルかナッツ類を追加した地中海式食事法は、低脂肪の食事と比べ、心臓血管疾患、特に脳卒中のリスクを低減することが示されています。

  今回の研究は、1 年間のエキストラバージン・オリーブオイルかナッツ類を追加した地中海式食事法による 24 時間自由行動下血圧、血糖値、コレステロール値等への効果を評価しました。

  心臓血管疾患の高リスクの 235 人の中高年の男女が含まれました。 85 . 4 パーセントは高血圧、56 . 5 パーセントが女性、平均 66 . 5 歳でした。

  この研究は、人々を無作為に 3 つに分け、オリーブオイルを追加するかナッツ類を追加した地中海食、低脂肪食のいずれかに割り当て、1 年間の無作為化並行群間比較試験として行われました。

  食事は各自が自由裁量で行い、身体活動や塩分摂取に関する助言は与えていません。

  影響する要因で調整後に、オリーブオイルとナッツを追加した地中海食グループは、統計的有意に、平均で、順に最高(収縮期)血圧が 2 . 3 mmHgと 2 . 6 mHg低下し、最低(拡張期)血圧が 1 . 2 mHgと 1 . 2 mHg低下しました。

  低脂肪グループは、最高血圧が 1 . 7 mHgと最低血圧が 0 . 7 mHg増加しました。統計的有意ではなく、どちらの血圧も低下した人も増加した人もいました。

  昼間と夜間の血圧は、どちらも同様のパターンを示しました。

  血糖値も、オリーブオイルとナッツを追加した地中海食グループは、平均で、順に 6 . 1 mg/d 、4 . 6 mg/d低下しましたが、低脂肪食は 3 . 5 mg/dL増加しました。

  総コレステロール値は、オリーブオイルとナッツを追加した地中海食グループは順に、 11 . 3 mg/dL、13 . 6 mg/dL低下し、低脂肪食グループも 4 . 4 mg/dL 低下しました。

  「大部分が高血圧の治療を受けている高リスクの人々で、エキストラバージンオリーブオイルかナッツを追加した地中海式食事法は、 24 時間自由行動下血圧、血糖値、総コレステロール値を改善しました。これによって心臓発作や脳卒中の予防に役立つようだ」とこの研究者は述べています。

スポンサード リンク

5/15/2014
関連:血圧が気になる、高血圧血糖値が気になるコレステロール値が気になる
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク