アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

減量には低脂肪牛乳がお勧め!?  4/21/2014

  健康的な減量か体重維持に、食事の一部を低脂肪か無脂肪の乳製品に置き換えることが役立つようです。

  減量における問題として、体脂肪だけでなく筋肉量も減少しがちであることがあります。

  牛乳に含まれる乳タンパク質の一つのホエー(乳清)タンパク質の摂取が、体重と体脂肪を減らし、筋肉量を維持するために役立つと、過去の高品質の研究を分析した結果が示しています。

  体重維持か減量の食事の一部としてホエータンパク質を摂取し、筋力トレーニングを組み合わせることは、男女の両方で、除脂肪体重(筋肉量)を増やし身体組成の改善につながりました。

  ホエータンパク質乳製品に含まれる高品質のタンパク質で、ヨーグルトの上澄みです。身体の筋肉を作るために必要な必須アミノ酸を全て含む完全タンパク質で、素早く消化されます。

  この結果は、ホエータンパク質は、他のタンパク質と比べて、体重維持か筋肉量の改善のために優れていると示しています。

  ホエータンパク質は、 3 つの必須アミノ酸のロイシン、イソロイシン、バリンを含む分岐鎖アミノ酸 (BCAA) の優れた供給源の一つです。他のアミノ酸とは異なって、直接に筋肉によって取り込まれ、使用されます。

  一般的な BCAA の食物源の中で、ホエータンパク質は筋肉の成長に影響するロイシンを最高レベルで含みます。

  米国のエクスポネント研究所のドミニク・アレクサンダー(Dominik D. Alexander PhD)氏らの研究が、Journal of the American College of Nutrition 誌3/4月号に掲載されました。

  ホエータンパク質の摂取は、体重維持または減量と除脂肪体重の増加に役立つと示す研究が増えていると、アレクサンダーは述べています。

  この研究では、一般の健康な成人を対象とした無作為化対照試験で、体重と身体組成へのホエイタンパク質(乳清)の効果を評価した研究をメタ分析しました。

  介入を完了した合計 626 人を含む 14 の無作為化対照試験を含みました。

  5 の研究はホエータンパク質に食事の一部を置き換えた効果を、9 の研究は食事の変更なしにホエータンパク質を追加した効果を評価していました。また一部の研究は抵抗運動(筋トレ)を加えていました。

  食事の一部をホエイタンパク質に置き換えた研究では、統計有意に、平均で、開始時と比較して体重が 4 . 20 キロ減少し、体脂肪が 3 . 74 キロ減少しました。

  統計的有意に至りませんでしたが、ホエー以外のタンパク質より、炭水化物を置き換えた場合に有益でした。

  ホエータンパク質の摂取と一緒に抵抗運動をした筋肉タンパク質合成の研究の分析では、統計的有意に、除脂肪体重(筋肉量)が平均 2 . 24 キロ増加しました。

  この分析結果は、減量または体重維持の食事介入の一部としてホエータンパク質の摂取することが、特に筋トレと組み合わせることが、身体組成を改善すると示します。

スポンサード リンク

4/21/2014
関連:減量
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク