アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

コーヒーが肝臓病の死亡リスクを 7 割減!?  4/4/2014

  コーヒーを飲む習慣が肝硬変による死亡リスクを大きく低減することを、新しい研究は明らかにしました。

  毎日 2 杯以上のコーヒーを飲むことが、非ウイルス性肝炎関連の、例えば飲酒や過食・肥満などの生活習慣が原因の肝炎に関連する肝硬変による死亡リスクを 66 パーセント低減するというのです。

  紅茶や緑茶、フルーツジュース、他の清涼飲料水の摂取は肝硬変の死亡リスクに関係しませんでしたが、過度の飲酒はリスクを増やしました。

  過度の飲酒はアルコール性脂肪肝炎、肥満や過食、メタボリックシンドロームは非アルコール性脂肪肝炎の発症につながり、どちらも肝硬変へ進行するリスクが高くなります。

  過去の研究は、慢性肝疾患の患者でコーヒーが肝臓の損傷を減らすようだと示しています。

  多くの研究で、コーヒーの摂取習慣が(主に非ウイルス性の)肝炎、肝硬変、肝臓ガンのリスクを低減することが示されています。

  シンガポールの国立シンガポール大学医学部ウーンペイ・コー(Woon-Puay Koh)氏らの研究が、Hepatology 誌電子版に掲載されました。(次頁に続く

スポンサード リンク

123

4/4/2014
関連:肝臓の健康コーヒー
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク