アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

20代の血圧や血糖値が中年の知力に影響!?  4/1/2014

  10 代の終わりから 20 代の心臓血管リスク要因が良好であることは、中年になっても知力を明晰なまま維持できる可能性を高めるようです。

  若い時の血圧や血糖値、コレステロール値がわずかに高いことが、中年期の記憶力や思考力などの低下につながるようだと、新しい研究は示します。

  過去の研究で、中年期と晩年の高い血糖値や血圧、コレステロール値のような心臓血管リスク要因が、その認知機能に関係することが示されています。

  新しい研究は、若い年代の主要な心臓血管疾患リスク要因が中年期の認知機能への影響することを示す、初めてで包括的かつ長期の研究の一つです。

  米国のカリフォルニア大学サンフランシスコ校の教授で精神神経科医のクリスティン・ヤッフェ(Kristine Yaffe MD)氏らが、米国心臓協会が発行する Circulation 誌に3月31日付で掲載されました。

  心臓血管リスク要因による認知機能への影響は「中高年の問題ではなく、生涯の問題だ」とヤッフェ氏は言います。

  この研究では、18〜30 歳の 3,381 人を 25 年間追跡したデータを分析しました。

   血圧、血糖値、コレステロール値が推奨レベルよりわずかに高かった人々は、40 〜50 代時の認知機能テストのスコアが低くい傾向があることを発見しました。 (次頁に続く

スポンサード リンク

123

4/1/2014
関連:高血圧、血圧が気になる血糖値コレステロール値脳の健康
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク