アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

新しい検便 DNA テストが大腸がんの 9 割以上を発見!?  3/21/2014

  新しい検便による大腸がん検査は、大腸がん検診における最良の方法とされる大腸内視鏡検査に迫る精度であると、 1 万人近くの人々を含む研究が示しています。

  大腸がん関連の遺伝子異常の検出を含む新しい検便は、大腸がん検診の受診率と効果を向上させるだろうと、この研究者は言います。

  新しい DNA テストは、大腸がん検診の通常の便潜血テストと比べ、大腸がんと進行性前がん病変を有意に多く検出しました。

  この DNA テストは、大腸がんの 9 割以上、大腸がんに進行するリスクの高い進行性前がん病変の 4 割以上を発見できました。

  米国のノースカロライナ大学医学部総合がんセンターのデイビッド・ランソフ(David Ransohoff MD)氏らが、The New England Journal of Medicine誌電子版に19日付で発表しました。

  この研究では、大腸がんの平均的リスクをもつ無症状の 50 歳以上の 9,989 人を対象とし、全員に 3 種類の大腸がん検査を受けてもらいました。標準的な大腸内視鏡検査、通常の便潜血検査(FIT)、新しい便 DNA テストです。

  新しい便 DNA テストは、便潜血検出に加えて、大腸がん関連の遺伝子変異( DNA マーカー)の検出を含む複数目標の検便です。(次頁に続く

  

スポンサード リンク

123

3/21/2014
関連:大腸がんがん予防
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク