アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

睡眠不足で脳細胞が減少!?  3/20/2014

  ほとんどの人が寝不足の時は頭の働きが低下することを認めますが、睡眠不足の害はこれまで考えられていたより深刻であるようです。

  一般通念では、睡眠不足の損失は寝だめで取り戻せると考えられています。

  ところが、新しい研究は、慢性的な睡眠不足が、不可逆的な脳細胞の損失を引き起こすことを発見したのです。

  数日間の睡眠不足によって、覚醒と最適な認知に不可欠な脳領域の脳細胞の 25パーセントが永久的に失われることを、マウスの研究が示しました。

  同じことが人間でも本当なら、普段の睡眠不足を休日の寝だめで解消しようとすることは無駄なことだろうと、この研究者は言います。

  過去の人間の研究が、睡眠損失後に 3 日間の回復睡眠をとっても注意力と認知機能の幾つかの側面が正常に戻らないと示しています。

  しかし、この研究は、睡眠不足の人々の脳細胞を保護する薬を開発できるかもしれないことも示唆しています。

  米国のペンシルバニア大学医学部の准教授のシグリド・ビージー(Sigrid Veasey)氏らの研究が、The Journal of Neuroscience誌3月19日号に掲載されました。 (次頁に続く

スポンサード リンク

123

3/20/2014
関連:物忘れ、記憶力、脳の健康不眠症、睡眠
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク