アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

天候の変化が脳卒中のリスクに影響?  2/13/2014

  「明日は気温が低下し寒くなるだろう」と告げる天気予報は、同時に脳卒中のリスクが増加するので、特に高リスクの人々は注意してくださいとアドバイスしているようです。

  脳卒中の治療は一刻を争う場合が多いので、後述しますが疑わしい兆候や症状が出たらすぐに医療機関を受診しましょう。

  大きな気温の変化と高湿度が、脳卒中で入院するか死亡するリスクに影響するようだと、13 万人以上の脳卒中患者のデータが示しています。

  この研究は、気温が低下すると脳卒中のリスクが増加する、または気温が上昇すると脳卒中のリスクが低下することを発見しました。

  例えば、気温が 5 度低下することは脳卒中で入院し死亡するリスクが約 6 パーセント増加することに関系しました。

  毎日の気温変化が大きいほど、平均湿度が高いほど、脳卒中で入院するか死亡するリスクが高くなりました。

  また、年間の平均気温が低いことも、脳卒中で入院するか死亡するリスクに関係しました。

  米国のイェール大学のジュディス・リヒトマン( Judith H. Lichtman PhD)氏が、米国脳卒中協会の国際脳卒中会議2014で 12 日に発表しました。

  「脳卒中のリスクを有する人々は大きな気温変化と高湿度の環境を避けてください」とリヒトマン氏は言います。(次頁に続く

スポンサード リンク

12

2/13/2014
関連:脳卒中
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク