アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

ビタミンC が「がんを止める」!?  2/10/2014

  高用量のビタミン C の静脈注射が抗がん治療に役立つだろうと、新しい研究は示唆しています。

  人間の卵巣がん細胞と卵巣がんのマウスの腫瘍にビタミン C を直接注入することで、正常細胞に害を与えることなく、腫瘍の成長を止めるか小さくすることを発見しました。

  進行した卵巣がんの患者に化学療法と並行してビタミンC の静脈注射をすると、化学療法の毒性が低減され、化学療法のみの場合と比べ再発までの期間が 9 カ月間近く延長されました。

  ビタミンC の静脈注射は、卵巣がんの安全で、効果的かつ低コストの治療とある可能性があるかもしれないと、この研究者は言います。

  米国のカンサス大学医療センターのジャンヌ・デリスコ(Jeanne Drisko)氏らが、Science Translational Medicine誌に5日付で報告しました。

  ビタミンC はがんの補完代替療法として長く使用されてきました。

  1970 年代に、化学者のライナス ポーリング氏が、ビタミンC の静脈内投与はがん治療に有効であると報告しました。(次頁につづく

スポンサード リンク

123

2/10/2014
関連:がん予防子宮がん、卵巣がん
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク