アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

適切な睡眠時間は精神的な幸福のためにも重要!  2/3/2014

  7 時間以上の適切な睡眠時間は精神的・情緒的な健康にも重要であると、2 つの新しい研究が示しています。

  7 時間未満か 9 時間以上の短すぎるか長すぎる睡眠時間は、うつ症状に関係する遺伝子を活性化させ、うつ症状の発生を倍増させることを、大人の双子の研究が示しました。

  さらに、6 時間未満の少し短い睡眠時間でも、1 年後までにうつ症状の多い大うつ病を発症する予兆であるかもしれないと、10 代の若者の研究が示唆しています。

  短くも長くもない適切な睡眠時間、通常は 7〜8 時間の睡眠時間が健康のために重要であることが分かってきました。

  過去の多くの研究で、健康的な睡眠時間は、健康長寿、および高血圧や糖尿病、心臓発作や脳卒中のような心臓血管疾患、肥満などのリスクの低減、記憶などの知力の保護か認知症の予防のために役立つようだと示されています。

  「適切な睡眠は身体的、精神的、情緒的な健康に必要です。研究の結果は健康のための投資として睡眠を優先することの重要性を強調する」と米国睡眠医学会の会長のサフワン・バドル(M. Safwan Badr)氏は語っています。

  睡眠時間とうつ病との関係を示した 2 つの研究(成人の双子の遺伝子研究と青年の地域研究)が、同学会が発行する Sleep 誌2月1日号に掲載されました。(つづく

スポンサード リンク

123

2/3/2014
関連:不眠症、睡眠の質が気になる気分改善、「うつ」向上
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク