アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***ブルーベリー(アントシアニン)のお勧めサプリメント***

赤ワイン、パセリ、セロリが糖尿病と生活習慣病を予防、善玉ホルモンも増やす! 1/20/2014

  ピーマンやセロリ、パセリに含まれるフラバン類、赤ワインやイチゴなどのベリー類に含まれるアントシアニンをたくさん摂取することが糖尿病を含む生活習慣病を予防するために役立つと、新しい研究は示しています。

  糖尿病に関係するインスリン抵抗性を低減し、血糖値制御を良好にするようだというのです。

  食物繊維が豊富な野菜の摂取は糖尿病の予防に役立つと考えられています。

  加えて、野菜や果物に含まれるフラボノイド類、特にアントシアニンとフラバン類の高摂取が糖尿病のリスクの低減に関係することを発見しました。

  さらに、アントシアニンの高摂取は、糖尿病、肥満、心臓血管疾患、がんの発症に関係する全身性の慢性炎症を低減することも発見しました。

  フラバン類の高摂取は生活習慣病を予防するための救世主である善玉ホルモンのアディポネクチンを増やしました。脂肪細胞が分泌するアディポネクチンは、糖尿病の他に、高血圧や脂質異常症、動脈硬化を改善し、結果として心臓血管疾患のリスクを低減します。

  フラボン類(アピゲニン、 ルテオリン等)はパセリやセロリ、ピーマン、春菊、タイムのような野菜やハーブに、アントシアニンは赤ワイン、赤紫ブドウ、ブルーベリーやイチゴのようなベリー類、赤青紫の野菜や果物に含まれます。

   イギリスのイーストアングリア大学のエディン・キャシディ(Aedin Cassidy)氏らの研究が、Journal of Nutrition誌電子版に20日付で掲載されました。(次ページへ

スポンサード リンク

123

1/20/2014
関連:血糖値が気になる
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク