アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

コーヒーで脱水は「ウソ」!? コーヒーには「水と同等」の水分補給効果あり!? 1/11/2014

  コーヒーの摂取が脱水症を引き起こす場合があるという懸念または一般通説を、新しい研究が払拭します。

  コーヒー摂取と脱水との関係にはエビデンス(科学的根拠)がないことが明らかになりました。

  コーヒーは水と同等に水分補給性能があり、体内の水分バランスの維持に役立ちします。

  1 日にマグカップ 4 杯のコーヒーを飲むような、適度のコーヒー摂取でも、水と同等に身体を潤しました。

  コーヒーには利尿作用があるという研究結果から、コーヒーを飲んでも水分補給にならないだけでなく、脱水症状を引き起こす場合があると懸念されていました。

  しかし、コーヒー愛好者は、自分の経験から、コーヒーも十分に身体の水分補給源となっていると感じていました。

  新しい研究は、コーヒー愛好者の直感が正しいことを証明しました。

  コーヒーを飲む習慣のある人々では、コーヒーを適度に飲むことは脱水状態を引き起こすことがないだけでなく、コーヒーは他の飲料と同様に毎日の水分補給に役立ちます。

  イギリスのバーミンガム大学スポーツ科学部のソフィー・キラー(Sophie Killer)氏らの研究が、PLOS ONE 誌に 9 日付で掲載されました。

  「科学的証拠が欠けているにもかかわらず、身体の良好な水分バランスを維持するために、コーヒーの摂取は脱水を引き起こすので、避けるか減らすべきだという一般通念がある」とキラー氏は述べています。

  「この研究は、通常の生活状態で、コーヒーを飲む習慣が水和状態(水分バランス)に支障をきたすかどうかを確立することを目指した」と続けます。

  過去の研究が、軽度の利尿剤としてのカフェインの急性作用を示しました。このため、コーヒーのようなカフェイン飲料が利尿効果があるという一般通念が存在します。

  しかし、身体の水分バランスにおけるコーヒー摂取の効果は、純粋なカフェインのそれと直接比較できません。(次ページへ

12

スポンサード リンク

1/11/2014
関連:コーヒー

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク