アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

最新研究が示す「正月太り」を防ぐ食べ方! 1/1/2014

  楽しいお正月はついつい食べ過ぎて体重が増えがちです。ちょっとした工夫が、正月太りを防ぐために役立つようです。

  小量ずつ口に入れ、一口一口よく噛んで「ゆっくり」と食べることがカロリー摂取量を有意に減らすと最新研究が示しています。

  合わせて、食事中には水をたくさん飲みましょう。カロリーがないだけでなく、満腹感を得るのに役立ちます。アルコール飲料にはカロリーがあることをお忘れなく。

  また、料理を少しずつ取り分けるの繰り返すより、食べる分だけ全部取り、追加で食べないこともお勧めです。だらだらと食べると自分が思っているより多く食べているものです。

  新しい研究は、ゆっくりとよく噛んで食べることで、カロリー摂取量を減らせることを発見しました。

  一口の量を少なくしてゆっくりと食べることは、大口でがつがつと食べた場合より、満腹感を得られやすいことも分かりました。

  ゆっくり食べる時、人々は食事中に水をたくさん飲んでいました。

  米国のテキサスキリスト教大学のミーナ・シャー(Meena Shah PhD)氏らが、Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics誌に発表します。

  この研究では食べるスピードとカロリー摂取量の関係を調べました。早食いまたはゆっくり食べる食事の前後に空腹感と満腹感を評価してもらい、食事中に飲んだ水の量も尋ねました。

  ゆっくりと食事をする実験では、人々に、時間制限がないと思ってゆっくりと食べること、一口の量を少なくして、よく噛み、一口食べる毎にスプーンを置いて一休止するように指示しました。

  早食いの実験では、一口の量を増やし、よく噛まず、途中で食べるのを休んだりスプーンを置いたりしないように指示しました。(次ページへ

12

スポンサード リンク

1/1/2014
関連:ダイエット、抗肥満
▲ページの先頭へ

ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2014 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

スポンサード リンク