アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

ビタミンB12を含むマルチビタミン&ミネラルのお勧めサプリメント

5 つの習慣、特に運動が、知力の低下を防ぎ健康長寿につながる!? 12/13/2013

  5つの健康生活習慣、時に運動習慣が、知力低下と認知症のリスクを大幅に低減することを、中年男性を 30 年間追跡した研究が発見しました。

  この研究は、重大な病気のない健康長寿の可能性を最大する 5つの生活習慣を特定しました。運動習慣、禁煙、健康体重、健康的な食習慣、小量から適度の飲酒です。

  このうちの 4〜5 の生活習慣を実行していた人々は、知力または認知機能低下と認知症を経験するリスクが 6 割も低下することを発見しました。

  最大の効果をもっていたのは運動習慣でした。運動習慣だけでも、例えば通勤で歩くか自転車に乗るなどでも、認知障害と認知症のリスクがそれぞれ 4 割と 6 割減少しました。

   4〜5 の生活習慣は、糖尿病、心臓病や脳卒中のリスクも約 7 割低下させて、総死亡リスクも 6 割も減らしました。

  イギリスのカーディフ大学医科部のペーター・エルウッド(Peter Elwood)氏らが、PLOS ONE誌に9日付で報告しました。

  「この研究結果は、健康的生活習慣に従うことが、健康に驚くほど大きな利益をもたらすと示しています。健康的行動は、他のどんな医療や予防方法より大きな効果があるということだ」とエルウッド氏は述べています。

  このコホート調査では、1979 年にイギリスのサウスウェルズの一都市に住む 45-59 歳の 2,235 人の男性の健康行動を記録し、健康状態と死亡を追跡しました。

  この研究は、複数の目的があり、最も重要な目的の一つは、30 年間という長期の追跡で、健康的生活習慣と慢性疾患の発症および認知機能の低下との関係を調べることでした。 (次ページへ

12

関連:アンチエイジング・抗老化物忘れ・記憶力が気になる、脳の健康心臓の健康脳卒中血糖値が気になる

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp


スポンサード リンク