アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

コーヒーが糖尿病の予防

  適度にコーヒーを飲む習慣は、糖尿病の予防に役立つようです。

  コーヒーの摂取量が増加するほど、糖尿病のリスクが低下すると、これまでの多くの研究が発見しています。

  これらのデータは、毎日カップ 3〜4 杯のコーヒーを飲むと、糖尿病のリスクが 2〜3 割低下すると示唆しています。

  この効果は、カフェインだけに由来するわけではないようです。カフェイン抜きコーヒーでも同等に糖尿病のリスクが低下することが分かってきています。

  また、エスプレッソよりドリップコーヒーの方が、糖尿病の予防という意味では有益でしょう。

  コーヒーには、カフェインだけではなく、クロロゲン酸のような抗酸化ポリフェノール、他のファイトケミカルも豊富に含まれています。コーヒーの入れ方やコーヒー豆の焙煎方法によって、これらの含有量が異なることが分かっています。

  国際糖尿病連合の 2012 年の報告書によると、世界中の 2 型糖尿病の患者数は 3 億 7000 万人で年々増加しており、大きな健康問題となっています。

  コーヒー科学情報研究所(ISIC *6)は、先日の世界糖尿病デーに、最新の研究結果をまとめた報告書を発表しました。

  1966〜2009 年に発表されたコーヒー摂取と糖尿病との関係を調べた 18 の疫学研究、合計 45万7,922 人のデータを統合して分析した結果は、毎日カップ 3〜4 杯のコーヒーを飲むことは、2 杯未満と比べて、糖尿病の発症リスクを 25 パーセント低減すると示しています。(*1)

  この研究では、1 日あたりのコーヒー摂取がカップ 1 杯増える毎に、糖尿病のリスクが 7〜8 パーセント低下することも発見しました。

  最近の 45-74 歳の健康な人々を約 8 年追跡した研究では、毎日 12 杯のコーヒーを飲む人々は、糖尿病のリスクが 67 パーセントも低下したと報告されています。(*2)

  コーヒーの糖尿病の予防効果につながる有効成分は、カフェインだけではないようです。

  通常のコーヒーとカフェイン抜きコーヒーの両方が、ほぼ同等に 2 型糖尿病のリスクを低減しました。

  11 万人以上の男女を 22〜24 年追跡した研究が、カフェイン入りとカフェイン抜きのコーヒーの摂取が 1 日当たりカップ 1 杯増加する毎に、男性では糖尿病のリスクが順に 4 パーセントと 8 パーセント低下し、女性では共に 8 パーセント低下することを発見しました。(*3)

  また、エスプレッソコーヒーより「ドリップ(濾過)コーヒー」が、カフェイン入りコーヒーより「カフェイン抜きコーヒー」の方が、つまりカフェインの含有量が少ないタイプの方が、糖尿病予防の効果が大きいと、世界中の13 研究の合計 125 万人のデータを分析した結果が示唆しています。特に 60 歳未満の人々で強く認められました。(*4)

  しかし、カフェイン入りの通常のコーヒーは、女性で、2型糖尿病の予防効果が大きいと示している研究結果もあります。

  約 7万 5千人を 14 年間追跡した多民族研究では、全ての人種・民族を通じ、女性はカフェイン抜きよりカフェイン入りコーヒーの効果が男性より大きいと示しており、3 杯以上飲む女性は糖尿病のリスクが 35 パーセント低下しました。(*5)

  この報告者では、コーヒー摂取と糖尿病のリスク低下の関係をもたらす重要なメカニズムも示しています。

  これらには、コーヒーに含まれるカフェインが代謝を促進しエネルギー消費を増やすと示唆する「エネルギー支出説」とコーヒーの成分が体内の糖バランスに影響を与えることで作用する「炭水化物代謝説」が含まれます。

  コーヒーには、炎症性経路の調節、細胞の酸化ストレスの調節、ホルモン様効果などのメカニズムを通してか、鉄貯蔵の低減することで、インスリン感受性を改善する成分が含まれていると示唆する仮説もあります。

*1:2009 年にオーストラリアのシドニー大学の研究者(Huxley R 他)が Archives of Internal Medicine誌に報告。
*2:2011 年に米国のオクラホマ大学の研究者(Zhang Y 他)が Nutrition, Metabolism & Cardiovascular Diseases 誌に報告。
*3:2012 年にハーバード大学の研究者(Muley A.)が The American Journal of Clinical Nutrition誌に発表。
*4:2012 年にインドのスーマンディープ・ビドゥヤピース大学の研究者(Bhupathiraju S.N 他)が Diabetes Reviews誌に報告。
*5:2013 年にハワイ大学の研究者(Doo T.他)が、Public Health Nutrition誌に報告。
*6:1990年に欧州の主要な 7 のコーヒー会社(Nestle、illycaffe、Lavazzaなど)によって設立された非営利団体

11/24/2013
関連:血糖値が気になる

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp


スポンサード リンク