アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

運動が糖尿病患者の寿命を延ばす! 不活発な生活はリスクが 3 倍に

  糖尿病の人々は、運動をすることで、心臓血管疾患のリスクを低減し、寿命を延ばすことができるようです。

  昨日は世界糖尿病ディでした。厚生労働省の「2011年国民健康・栄養調査報告」によると日本人の 4 人に 1 人以上が 2 型糖尿病かその予備群です。男性の何と 33 パーセント、女性の 23 パーセントです。

  糖尿病の人々は、血管にダメージを受けやすく、心臓発作や脳卒中などの致死的な心血管疾患のリスクが増加します。

  2 型糖尿病の人々の心臓血管疾患の合併症リスクは、運動の頻度と時間に直接的に関係すると、スウェーデンの大規模研究が示しています。

  糖尿病患者で運動量が少ない人々は、多い人々より、心臓血管疾患による死のリスクが 7 割も増加しました。

  糖尿病の診断後にも不活発な生活を続けた人々は、最初は不活発だったが改心し運動量を増やした人々と比べ、心血管疾患の発症と死亡リスクが約 3 倍に増加したのです。

  これまでの研究が、 2 型糖尿病と診断された人々は、健康な人々と比べ、心臓病や脳卒中の発症リスクが最大 5 倍に上昇することを明らかにしています。

  糖尿病の最初の治療は、健康的な食習慣、減量、運動習慣です。

  過去の研究でも、身体活動または運動習慣が、心血管疾患の発症と死のリスクに直接的に関係することを、全ての人口グループで一貫して示されています。

  例えば、米国の国立衛生研究所の 2007 年の研究は、推薦されている 30 分間以上の適度の運動を週に 5 日以上するか、20 分間以上の激しい運動を週に 3 回以上行うことは、それぞれ、死亡リスクを 27 パーセントと 32 パーセント低減することを発見しました。

  スウェーデンのウプサラ大学のビョルン・ゼセリウス(Bjorn Zethelius)氏らの研究が、European Journal of Preventive Cardiology誌電子版に13日付で掲載されました。

  このコホート研究にはスウェーデン糖尿病登録の合計 15,462 人の平均 60 歳の男女が含まれ、最初の心臓血管疾患の発症か死まで追跡されました。

  身体活動が低レベルだったのは 6963 人、高レベルは 8499 人でした。

  身体活動の低レベルは全く運動をしないか、30 分間の運動を週に 1〜2 回すると定義されました。一方、高レベルは、運動を週に 3 回以上する習慣があることと定義されました。

  追跡期間に、760 人が心血管疾患を経験し、427 人が死亡しました。

  身体活動が低レベルの人々は、高レベルの人々と比べ、冠動脈心臓病と心血管イベントのリスクが 25 %と 26 %増加し、心血管疾患による死亡リスクが 69 %増加しました。 総死亡リスクも 48 %増加しました。

  この結果は統計的に有意であり、年齢、性別、糖尿病の罹患期間、喫煙、血糖治療のタイプで調整されています。

  さらに、長期の血糖値の状態を示す HbA1c、収縮期血圧、コレステロール値、中性脂肪値、肥満度、尿タンパク質で調整後にも、この関係が変わりませんでした。

  身体活動が低レベルの人々は、冠動脈心臓病と心血管イベントのリスクが 18 %と 19 %増加し、心血管疾患による死亡リスクが 54 %増加しました。 総死亡リスクも 41 %増加しました。

  さらなる分析は、不活発な生活の「統計的に説得力のある」大きなリスクを示します。

  研究開始時と 5 年後の両方とも身体活動レベルが低かった人々(4166 人)は、他の全ての人々(11,296 人)と比べ、冠動脈心臓病と心血管イベントのリスクが 68 %と 68 %増加し、致命的な心血管イベントのリスクが 212 %増加しました。 総死亡リスクも 203 %増加しました。

  さらに、研究開始時には低レベルだったが運動量を増やして 5 年後には高レベルだった人々と比べると、運動量が低いままだった人々は、冠動脈心臓病と心血管イベントのリスクが 251%と 254 %増加し、致命的な心血管イベントのリスクが 326 %増加しました。 総死亡リスクも 291 %増加しました。

   つまり、 2 型糖尿病の診断を受けた後に、生活習慣を改善して運動の時間と頻度を増やすことは、心血管合併症の発症や死亡のリスクを下げます。しかし、不活発のままでいることはリスクを最大化します。

  「運動習慣は、糖尿病管理プランの重要な部分で、これらの結果は生活習慣の改善の一環として運動習慣の重要性を強調する」とゼセリウス氏は言います。

  「この研究のメッセージは明らかです。座ってばかりの生活を避けなさい。運動をしなさい。食事療法と運動、これらは 2 型糖尿病の治療に不可欠だ」と続けます。

  2 型糖尿病の患者数と罹患率は増加しているので、糖尿病の人々が身体活動を増やすことは重要な意味を持つと、ゼセリウス氏は語っています。

11/15/2013
関連:血糖値が気になる

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp



糖尿病や肥満症などでカロリー摂取制限を必要とする方に適した糖分ゼロの低カロリー甘味料です。

スポンサード リンク