アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

睡眠ホルモンが「痩せ脂肪」を増やす!?

  日が暮れ暗くなると脳内で分泌され睡眠を促すホルモンのメラトニンは、「痩せ脂肪」とも呼ばれる「ベージュ脂肪」の発生を促すことを、新しい研究は発見しました。

  脂肪細胞には、カロリーを貯蔵し体重増加につながる「白色脂肪」とカロリーを燃焼して体重管理を助ける「褐色脂肪」があります。「褐色脂肪」は新生児に多く存在し成長とともに減少し、大人になると非常に少なくなります。

  しかし、最近の研究で、大人になっても運動などの刺激によって白色脂肪を褐色化させて褐色脂肪と同様の特性をもつ「ベージュ脂肪」を増やすことが可能であることが分かってきました。

  今回の研究は、メラトニンの摂取が、白色脂肪組織内に「ベージュ脂肪」の発生を促すことを発見したのです。

  メラトニンの摂取は、食事摂取や身体活動に影響することなく、熱発生によって肥満を防ぎます。

  暗くなって眠ることと、メラトニンを含む食品を食べることが体重管理と、さらに肥満と脂質異常症に関連する心血管疾患の予防に役立つかもしれません。

  睡眠不足が体重増加または肥満のリスクを高めることが報告されています。睡眠時間が長い人ほど体重増加が少ないという報告もあります。

  メラトニンは身体が分泌する天然ホルモンで、そのレベルは一般に夜暗くなると上昇します。また、辛子、クコの実、アーモンド、ひまわりの種、カルダモン、フェンネル、コリアンダー、チェリーのような果物や種子、野菜に少量に含まれています。

  スペインのグラナダ大学神経科学研究所のアフマド・アギリ(Ahmad Agil)氏らの研究が、Journal of Pineal Research誌電子版に6日付で掲載されました。

  この研究は、初めて、これまで謎だったメラトニンが糖尿病と脂質異常症の治療において代謝改善効果をもつ理由を明らかにしました。

  「白色脂肪の中にベージュ脂肪が存在することを知り、メラトニンがベージュ脂肪の発生を誘導するかどうかを調べようと思った」とアギリ氏は述べています。

  生後 5 週間の肥満で糖尿病のラットと痩せたラットをそれぞれ 2 つに分け、6 週間、それぞれ一方だけにメラトニンを飲み水に混ぜて与えました。

  メラトニンは、鼠径部(股の付け根)の皮膚下の白色脂肪組織でベージュ脂肪化を誘導しました。

  肥満ラットでは、ベージュ脂肪は鼠径部の白色脂肪組織内に散在したレンズ豆サイズの沈殿として発見されました。痩せたラットでもベージュ脂肪が増加していました。

  メラトニンは熱発生を促しました。

  メラトニンを与えた動物だけで、鼠径部の皮膚の温度が上昇していました。痩せたラットでは 1. 36 度、肥満ラットでは 0. 55 度上昇してました。またメラトニンは、寒冷な環境へ露出した際の熱発生作用を敏感にしました。

  メラトニンは、発熱タンパク質の量を増しました。

  「白色脂肪」細胞とメラトニンを与えることで生じた「ベージュ脂肪」細胞との重要な違いの一つは、細胞内のミトコンドリアの UCP1 の発現レベルです。

   UCP1 (脱共役タンパク質1)はカロリー燃焼と熱発生に関与しています。

  メラトニンを与えた痩せたラットでは、脱共役タンパク質1( UCP1) が約 2 倍に、 PGC-1 α が 25 パーセント増加していました。肥満ラットでは、UCP1 が測定可能な量まで発生し、 PGC-1α のレベルも 2 倍になりました。

  自発運動量と 運動によって分泌され白色脂肪を褐色化するホルモンのイリシン( irisin )濃度は、メラトニンの影響を受けません。

  習慣的なメラトニン摂取が、肥満の糖尿病ラットで「ベージュ脂肪」細胞の出現を誘導するだけでなく、痩せた動物でも褐色細胞の存在を増やしたという事実は重要です。

  これらの結果は、メラトニンが肥満の治療に役立つツールとなりうる可能性を示すとこの研究者は言います。

  この研究チームは、この結果を人間で確認したいと考えています。

  メラトニンが、肥満、糖尿病、脂質異常症の治療に役立つツールとなることを、この研究者は期待しています。

9/26/2013

関連:不眠症、睡眠の質ダイエット、抗肥満

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス



Web www.rda.co.jp


スポンサード リンク