アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

母親のDNA 損傷が子どもの老化を早める!?

  父親ではなく、母親の DNA 変異が、子どもの老化速度に重要な影響を及ぼすようです。

  私たちの遺伝子は加齢に従って変化し、誤りや損傷が蓄積されていきます。これが老化を引き起こします。

  特に重要な原因は、身体の細胞の活動に必要なエネルギーを生産するミトコンドリアで発生した変化です。ミトコンドリアの 多くの DNA 変異は、次第に細胞のエネルギー生産を不能にします。

  母親からミトコンドリアの変異した DNA を受けとった子どもは、老化が加速し、短命や加齢関連疾患のリスクが増加するかもしれないと、新しい研究は示唆しています。

  老化は、本人の生涯の遺伝子損傷の蓄積だけでなく、母親から受け継いだミトコンドリア DNA の損傷による影響も受けることを発見しました。

  またこの結果は、ミトコンドリア機能をターゲットとした治療介入によって、老化の時間的プロセスを制御することが可能かもしれないと示唆しています。

  スウェーデンのカロリンスカ研究所のニルス ゴラン ・ ラーション(Nils-Goran Larsson PhD)氏らの研究が、Nature誌8月22日号に掲載されました。

  この研究は、初めて、老化プロセスは、個人の一生の間のミトコンドリアの DNA 損傷の蓄積の影響だけでなく、母親から継承した DNA からの影響も受けることを、マウスの実験で示しました。

  マウスの実験で、ミトコンドリア DNA 変異を人工的に作成すると、この変異をもつメスから生まれた子どもは、変異をもたないメスから生まれた子どもより、老化が早いことを発見しました。

  ミトコンドリア DNA 変異をもつメスの子どもの生存は平均 45 週間でしたが、この DNA 変異をもたないメスの子どもより 10 週間短かったのです。

  寿命が短いだけでなく、身体の老化が加速され、脳に損傷が生じ、活動が低下し、心臓が肥大し、細胞のエネルギー代謝が低下しました。

  ミトコンドリアは細胞内にあり、身体の組織が使用する生体エネルギー源である ATP のほとんどを生成します。

  「驚いたことに、あなたの母親のミトコンドリア DNA が、あなたの自身の老化に影響を与えるようです。母親からこの変異を有する DNA を継承すると、老化が加速される」とラーション氏は述べています。

  「本質的に老化は、複数の種類の損傷の累積によって引き起こされます。加齢でミトコンドリア DNA に損傷が蓄積され、この損傷のいくつかは実際には母親から子どもへ継承されることを我々の研究は示した」と言います。

  「この結果は老化プロセスの理解を深め、ミトコンドリアが老化に重要な役割を果たすことを証明します。ミトコンドリア DNA 変異の数を減らすことが重要であると示している」とラーション氏は言います。

  ミトコンドリアはそれ自身の DNA を持ち、細胞の遺伝情報の保存と伝達を担う細胞核の DNA よりも変異が多く、老化過程に重要な影響をもちます。

  ミトコンドリア DNA は 37 の遺伝子をもち、細胞核 DNA は約 21,000 の遺伝子をもちます。これらは母親と父親から均等に継承されます。しかし、ミトコンドリア遺伝子は、体内の全ての細胞の代謝に不可欠です。

  この研究は、メスのネズミの比較的軽度のミトコンドリア DNA の損傷が、その子どもの脳に重大なダメージを引き起こすことも示しました。

  この研究は、ミトコンドリア DNA 変異が低レベルであっても、発達に影響し、脳の奇形を引き起こすことも示しました。

  生活習慣の改善が、例えば食事が、ミトコンドリアDNA 損傷の程度に影響するかという問いに関しては、まだ研究中です。現在分かっていることは、母親から受け継いだ軽度の DNA 損傷が老化プロセスに寄与するということです。

  しかし、この結果は、人間の老化を遅らす方法の発見に役立つかもしれないと、共同研究者で同大学客員教授および米国のケースウエスタンリザーブ大学医学部のバリー・ホファ(Barry Hoffer MD PhD)氏は言います。

  「ミトコンドリア機能を亢進し、ミトコンドリア毒性を縮小すること、これらの両方またはいずれか一方を可能にする様々な食事療法と薬があります。例えば抗酸化物質だ」と続けます。

  野菜や果物、お茶やコーヒーなどに多く含まれる抗酸化ポリフェノール、ビタミンCやE など抗酸化ビタミン、コエンザイムQ10 のようなビタミン様物質などは、抗酸化作用に優れており、活性酸素のダメージから細胞やDNAを保護し、老化を遅らすと考えられています。

  また、このマウス・モデルはこれらの薬か食事をテストするプラットホームとなるだろうと述べています。

  高齢出産を避けること、妊娠可能な女性が健康的な食習慣によってアンチエイジングに励むことは、生まれて来る子どもの老化を防ぎ、加齢関連疾患のリスク低減にも役立つかもしれません。

8/26/2013

関連:アンチエイジング、抗老化
▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス



Web www.rda.co.jp


スポンサード リンク