アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***ニンニクのお勧めサプリメント

生ニンニクが肺がんのリスクを半減!?

  生のニンニクを食べることで、肺がんのリスクを半分近くまで低減することが可能かもしれません。

  食事の一部として、生ニンニクを週に 2 回食べる人々は、肺がんのリスクが 44 パーセント低くなることを、新しい研究は発見しました。

  肺がんのリスクが高い喫煙者であっても、生ニンニクは肺がんのリスクを低減しました。

  肺がんは近年増加しています。平成 19 年の日本人の肺がん死亡者は 65,576名で、全体と男性ではがんによる死亡原因の1位、女性でも 2 位です。

  肺がんは、診断後の 5 年生存率は 20 パーセント未満と低く、治り難いがんの代表であり、予防が重要です。

  喫煙は肺がんの主なリスク要因で、予防にはまず第一に禁煙が重要です。しかし喫煙をしない人々、特に女性の、肺がんが増えており、禁煙以外の予防法も求められています。

  ニンニクは、以前の実験研究で抗ガン作用が報告されていますが、人間の疫学研究はほとんどありませんでした。

  この人気の生薬は、過去の別の研究で、胃がん、大腸がんのリスクを低減することが示されています。2007 年に豪サウスオーストラリア大学の研究チームがニンニクは大腸がんのリスクを 30 パーセント低減すると報告しました。

  がん以外でも、ニンニクは、疲労回復、ピロリ菌の除去から ED まで広範囲の民間療法に使用されています。血圧やコレステロール値を改善して動脈硬化を防ぎ、心臓病や脳卒中のリスクを下げると考えられています。

  中国の江蘇省疾病予防センターのジンコウ・チャオ(Jin-Kou Zhao)氏らの研究が、Cancer Prevention Research誌 7 月号に掲載されました。

  以前の研究が、ニンニクは様々な肺疾患を予防することができると示唆しており、肺がんの最高の自然薬だという推測につながりました。

  今回の研究では、1,424 人の肺がん患者と4,543 人の健康な人々を対象に、面接調査で食事と生活習慣について尋ねて、肺がんとの関係を調べました。

  週に 2 回以上生ニンニクを食べることは、肺がんのリスクを 44 パーセント以上低減することを発見しました。摂取頻度が増えるほど、リスクは低下しました。

  喫煙者でも、生ニンニクを食べる習慣は肺がんのリスクを 30 パーセント以上低減しました。もう一つの肺がんのリスク要因である高温調理の油煙への高露出の人々でも、生ニンニクは肺がんのリスクを 23 パーセント下げました。

  この分析は他の肺がんのリスクに影響する他の要因で調整されました。

  調理されたニンニクにも同様の効果があるかどうかは明らかではありません。

  この効果の主要な成分はアリシンと呼ばれる化合物であると考えられています。これは、ニンニクを押しつぶしたり、みじん切りにすると放出されます。

  アリシンは身体の炎症を抑え、活性酸素の害から身体細胞を保護する抗酸化剤として働きます。

  「ニンニクは肺がんの予防薬として役立つ可能性があるようだ」とこの研究者は述べています。

8/8/2013

関連:がん予防肺がん
***ニンニクのお勧めサプリメント

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス



Web www.rda.co.jp


スポンサード リンク