アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

なぜ幸福な夫婦は「健康で長生き」できるのか?

  金銭問題から義理の両親との軋轢、テレビのチャンネル争いまで、夫婦間の葛藤は際限なくあります。

  言い争いは、とりあえず問題を解決したとしても、健康に悪い影響があるようだと、新しい研究は示しています。

  健康で長生きしたいなら、まず、結婚生活が上手くいくように努力することです。

  カップルを 20 年間追跡した研究は、喧嘩をあまりしない仲の良いカップルは、いつも口喧嘩をしている夫婦より、健康で、結果として長生きするであろう傾向があることを発見しました。

  中でも、金銭問題および義理の両親との不仲は、健康に悪影響があることを明らかにしました。

  「健やかなる時も病める時も」という結婚の宣誓の有名なくだりが実行されるかどうかは、夫婦間にどのくらい軋轢があるかないかに依存するようです。

  結果として、幸福な結婚のカップルは「健やかなる時」が多く「病める時」が少ないようです。

  米国のブリガムヤング大学のリック・ミラー(Rick B Miller )氏らが、Journal of Marriage and Family誌6月号に発表しました。

  この研究は、末永く結婚の質を維持することで、身体の健康も保持されることを発見しました。

  「以前の研究が、結婚の葛藤が健康を悪化させると示しています。対照的に、この研究は、幸せな結婚は健康を長く維持する保護要素をもつことを示している」とミラー氏は述べています。

  このチームは以前の研究で良い人間関係は長生きにつながることを発見し、非常に注目を集めました。

  新しい研究は、良い夫婦関係は、末永く健康を維持し、恐らく長生きにつながることを示しました。

  この研究は、米国の代表サンプルとなる 20 年間追跡された 1,681 組の夫婦のデータを分析しました。

  結婚の質を 2 つの方法で評価しました。一つは幸福と満足、もう一つは結婚生活のトラブル(例えば、金銭問題で喧嘩するか、義理の両親との関係と不仲か)です。

  さらに、自分自身の健康を、1 (非常に健康)から 4(不健康)まで 4 段階で評価してもらいました。

  この結果は、喧嘩の多い夫婦(結婚生活に葛藤の多い人々)は、一般的な健康状態がよくない傾向があると示し、幸せな結婚生活は「健康で長生き」につながると示唆しました。

  幸福な結婚と健康との関係は、お互いに相手を気遣い世話をし、結果として健康的な生活を送ることによるかもしれないと、この研究者は述べています。

  例えば、幸福な結婚のカップルは一緒に健康的な食事をし、不仲な夫婦では一方が帰宅を遅らすために残業をしたり不健康な外食で済ます傾向あるようです。

  幸せなカップルは(ストレスが少ないので)よく眠れるようです。一緒にスポーツやその他のアウトドア活動をする機会が多く、喫煙のような悪癖を止めるのを助けるようです。

  幸せな結婚では、お互いに配偶者がつらい日には助け合い共感を示すでしょう。このサポートがストレスを低減し、健康の悪化を防ぐために役立ちます。

  「この結果は夫婦間の葛藤が健康のリスク因子であることを意味します。喧嘩か口論の多いカップルは専門家の助けを得るべきだ」とミラー氏は述べています。

  「結婚生活を支えることが将来の健康問題を防ぐので、結婚カウンセリングを健康保険の負担対象とするべきだ」と言います。

7/5/2013

関連:アンチエイジング、抗老化
***血圧、コレステロール値、中性脂肪値、血糖値が気になる方にお勧めのサプリメント***

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス



Web www.rda.co.jp


スポンサード リンク