アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

長寿の秘訣は菜食主義!?

  野菜中心の食習慣は健康に良いというイメージがありますが、実際に、菜食主義は長寿につながるようだと、7 万人以上のデータを含む大規模研究が示しています。

  全く動物性食品を食べない"厳格な"菜食主義だけでなく、魚介類だけ、あるいは乳製品と卵は食べるような"寛大な"菜食主義でも寿命が延びるようです。

  完全な菜食主義より、むしろ魚だけは食べる菜食主義は、さらに長寿につながるようだと、この結果は示しています。

  男性は、女性より、菜食主義によって健康上の恩恵を受けるようです。

  野菜中心の食事は、血圧やコレステロール値を改善することで死亡リスクの低減に貢献しているようです。

  これまでの研究で、菜食主義の食事は、高血圧、メタボリック シンドローム、糖尿病、心筋梗塞や狭心症のような虚血性心疾患を含む幾つかの慢性疾患のリスクの低減に関係することが示されています。

  米国のロマリンダ大学のマイケル・オルリッチ(Michael J. Orlich MD)氏らの研究が、JAMA Internal Medicine 誌電子版に 3 日付で掲載されました。

 「食事と死亡率との関係は、重要な研究領域です。過去の研究は、菜食主義の食事は肉食と比較して寿命を延ばすことを示していますが、その多くは小規模なので、この関係は十分には確立されていない」とオルリッチ氏は述べています。

  そこで、この研究では、7万3,308 人の男女のデータから、食習慣と総死亡リスクと死因別の死亡率の関係を調べました。

  研究開始時に回答した食物摂取頻度アンケートの情報に基づいて、人々を、非-菜食主義者(牛や豚のような赤肉を食べる)、セミ-菜食主義者(鶏肉と魚介類を食べる)、ペスコ-菜食主義者(魚介類を食べる)、ラクトオボ-菜食主義者(乳製品と卵は食べる)、完全菜食主義者(全ての動物性食品を食べない)に分類しました。

  菜食主義者グループは全体として、非-菜食主義者より、高齢で、教育を受けていて、既婚者が多く、飲酒量が少なく、喫煙者が少なく、運動習慣をもち、痩せている傾向がありました。

  平均 5. 79 年の追跡期間に 2,570 人が死亡しました。全死亡率は 1,000 人・年あたり 6. 05 人でした。

  全ての菜食主義を合わせたグループは、非菜食主義者グループと比べ、総死亡リスクが 12 パーセント低いことが分かりました。

  菜食主義の種類別では、非菜食主義者と比べ、完全菜食主義者では総死亡リスクが 15 パーセント低く、魚介類を食べるペスコ-菜食主義者では 19 パーセント低くなりました。

  同様に、乳製品と卵は食べるラクトオボ-菜食主義者でも 9 パーセント低く、鶏肉と魚介類を食べるセミ-菜食主義者でも 8 パーセント低くなりました。

  これらの分析は、死亡リスクに影響する要因で調整されました。

  菜食主義の食事は、心血管疾患の死亡率、非心血管疾患と非がんの死亡率、腎臓病の死亡率、内分泌疾患による死亡率を統計的有意に下げました。

  この恩恵は、女性より男性で、大きく、強く表れました。

  菜食主義は、男性の心血管疾患による死亡リスク、虚血性心疾患による死亡リスクを統計的有意に下げました。女性も、統計的有意ではないが、これらの死亡率の低下がみられました。

  低脂肪の菜食主義の食事は、コレステロールや血圧によい影響を与えるようです。

  野菜や果物のような植物性食品には、慢性疾患と関係する(体内で産生され細胞を攻撃する)活性酸素を無害化する抗酸化成分も多く含まれます。

  一方、赤肉、特に加工肉には心血管疾患やがんなどの慢性疾患のリスク増加との関係が示されている成分が含まれています。これらにはヘム鉄、飽和脂肪、塩(ナトリウム)、加工肉の亜硝酸塩、さらに調理中に形成される特定の発がん物質が含まれます。

  この結果は、動物性食品を全く食べない完全菜食主義だけでなく、魚、乳製品、卵などをたべるような菜食主義でも、死亡率を低減することを示しました。

  野菜や果物、豆類、全粒穀物などの植物性食品を多く食べる習慣は、健康長寿に貢献するようです。

6/5/2013

関連:血圧コレステロール値心臓の健康生活習慣病、メタボリックシンドローム抗加齢、アンチエイジング


▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス



Web www.rda.co.jp






スポンサード リンク