アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

大豆とトマトが前立腺がんを予防

  大豆とトマトの両方を食べることが、前立腺がんの予防に効果的であるようです。

  トマトと大豆食品は、どちらか一方だけを食べても前立腺がんの予防に役立つようですが、両方を食べるとより効果的であるようだと、新しい研究は示しています。

  トマトと大豆はそれぞれ、前立腺がんの発症を抑制する作用があると、過去の基礎研究が示しています。

  トマトのリコピン、大豆のイソフラボンが前立腺がんの予防に役立つ有効成分であると考えられています。

  しかし、この研究は、抽出成分ではなく、丸ごとのトマトや大豆を食べることが有効だと示唆しています。

  米国のイリノイ大学の栄養学部の教授のジョン・エドマン(John W. Erdman)氏、クリストル・ズーニーガ(Krystle Zuniga)氏らが、Cancer Prevention Research誌 5 月号に発表しました。

  「トマトと大豆の両方を食べることは、前立腺がんの発症を有意に低減した」とエドマン氏は言います。

  「大豆とトマトの両方を食べた動物の半分は、前立腺がんを全く発症しませんでした。大豆もトマトも食べなかった動物の全てが前立腺がんを発症した」と続けます。

  この研究では、遺伝子操作で悪性の前立腺がんを発症しやすくしたマウスを使用して、トマトと大豆の抗がん作用を調べました。

  生後 4 週のマウスに、以下の 4 種類のエサのいずれかを与えました。(1)10パーセントのトマトパウダーを加えたエサ、(2)2パーセントの大豆胚芽を加えたエサ、(3)トマトパウダーと大豆胚芽の両方を加えたエサ、(4)大豆もトマトも含まないエサ。

  生後18週までに、大豆とトマトのどちらも食べなかったグループでは 100 パーセントが前立腺がんを発症しました。

  トマトと大豆の両方を食べたグループでは 45 パーセントだけが前立腺がんを発症しました。

  トマトだけ食べたグループの 61 パーセント、大豆だけ食べたグループの 66 パーセントが前立腺がんを発症しました。

  両方を食べることによる相乗作用は認められなかったものの、両方を食べた場合に最も発症率が低かったと、この研究者は述べています。

  また、トマトか大豆、または両方を食べたグループの前立腺がんを発症したネズミで、アポトーシス(細胞自然死)の増加、前立腺上皮の増殖の減少がみられました。

  この研究は、これらの食品に含まれる生理活性成分への若年から生涯の露出のモデルとなると、この研究者は言います。

  「大豆胚芽を与えたネズミの血液中と前立腺の大豆イソフラボン濃度は、毎日 1〜2 給仕の大豆食べるアジアの男性と似ています。大豆を習慣的に食べるアジアの国々では、欧米に比べ、前立腺がんの発症率は有意に低い」と、エドマン氏は述べています。

  前立腺がんを予防したい 55 歳の男性が、これらの利益を享受するために、どれほどの量の大豆やトマトを食べるべきでしょうか。

  これに対し「この研究結果は、週に 3〜4 給仕(カップ)のトマト食品と毎日 1〜2 給仕(カップ)の大豆食品を食べることが前立腺がんの発症を防ぐかもしれないと示唆している」とズーニーガ氏は言います。

  これらの結果は、種々様々な果物および野菜を丸ごと食べるべきであるという推薦を強化すると、この研究者は言います。

  「リコピンのサプリメントを摂取するより、トマトを丸ごと食べるほうがよいのです。大豆イソフラボンのサプリメントを摂取するより豆乳を飲む方がよいのです。食物を丸ごと食べると、食物に含まれる抗がん生理活性成分の全てを得ることができる」とエドマン氏は言います。

 自然食品を丸ごと食べることの推薦は、この研究の大豆胚芽の働きによって裏付けられると言います。

  大豆胚芽は、大豆の残りの部分とは非常に異なるイソフラボン・プロフィールを持っています。

  大豆に含まれるイソフラボンのうちのゲニステインが注目されることが多いのですが、大豆胚芽はゲニステインが少なく、他のイソフラボン(ダイゼイン、 グリシテイン)が非常に多いのです。

  この研究で使用した大豆胚芽は、ゲニステインが少ないが、それでも前立腺がんの発症を低減するために非常に効果的でした。

  「前立腺がんは早期に発見できれば 100 パーセント近い生存率です。高齢の男性では、腫瘍の成長が遅いことも多く、好ましくない副作用がある放射線および外科治療よりも経過観察が選択されることが多い」とエドマン氏は言います。

  前立腺がんの予防に役立つ、大豆やトマトのような一般的な食品の特定は重要です。

5/9/2013

関連:がん予防前立腺がん

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス



Web www.rda.co.jp






スポンサード リンク