アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***コレステロール値が気になる方にお勧めのサプリメント***

毎日 3 個の卵が善玉コレステロール値を改善!?

  卵は高コレステロール食品なので、健康上の理由で、卵の摂取を控えているという人々も少なくないかもしれません。

  しかし、心臓血管疾患の高リスクの人々さえ、毎日 2〜3 個の全卵を食べても健康に悪影響はなく、むしろ善玉(HDL)コレステロール値を改善すると、2 つの新しい研究が示しています。

  卵は、HDL コレステロールの質を高めて増やす機能性食品であると、これらの研究は示しています。

  HDL コレステロールは、血流中の悪玉コレステロールを回収して肝臓へと運びます。善玉コレステロールとも呼ばれ、動脈硬化を予防・改善します。

  低い HDL コレステロール値は心臓血管疾患の高リスク状態であるメタボリックシンドロームの診断要素の一つでもあります。

  世界的な慢性病の増加の負担を考えると、健康における食事と栄養の役割に特別な関心が寄せられています。

  世界中で一般でリーズナブルな食品である全卵の摂取が HDL コレステロールへの有益な役割をもつと示す幾つかの研究が、実験生物学 2013 で報告されました。

  その一つ、メタボリックシンドロームの人々で、卵の摂取が HDL コレステロールを増やし、その質を改善することを、コネチカット大学の栄養学部のキャサリン・アンダーセン(Catherine Andersen)氏らが発表しました。 Lipids 誌電子版にも掲載されました。

  この研究者は、以前の研究で、炭水化物を適度に制限した食事に加えて毎日全卵を食べた健康な人々は、卵黄を含まない卵代用品を食べた場合と比べ、HDLコレステロール値が増し、その質も向上することを示しました。

  新しい研究は、メタボリックシンドロームの成人で、毎日全卵を食べることは、HDLコレステロールの機能と構成に良い影響があることを示しました。

  この研究では、メタボリックシンドロームの人々を無作為に分け、12 週間、炭水化物を制限した食事(炭水化物が総カロリーの 25-30 %) に加えて、1 日当たり 3 個の全卵( 20人 )か同等量の卵代用品(17人) を摂取してもらいました。

  12 週間後に、全卵を食べた人々は、HDL コレステロールの構成と血流中のコレステロールを回収する性能が向上していました。

  コレステロールは脂肪なので、血流に溶け込むためタンパク質と結びつきます。大型の HDL (高比重リポタンパク質)と結合したものが HDL コレステロールです。

  毎日 3 個の全卵を食べた人々の HDL は、中性脂肪の一種のトリアシルグリセロールが少なく、卵黄の有益成分(膜リン脂質の一種のホスファチジルエタノールアミン)が多いことも分かりました。

  「これらの結果は、HDLプロフィールにおける卵摂取の有益性を示す過去の研究結果と合わせて、メタボリックシンドロームの人々でも、卵は心血管疾患のリスクを低減するための機能性食品として役立つという考えを裏付ける」とアンダーセン氏は語っています。

    もう一つの研究では、米国のイエール大学のデイヴィッド・カッツ(David L. Katz)氏らが毎日 2 個の卵を食べても健康に有害な影響はないことを確認しました。

  この研究者は、以前の研究で、健康な成人が毎日 2 個の卵を食べてもコレステロール値などに悪影響を与えることはないことを示していました。

  新しい研究では、冠動脈心臓病の高リスクの男女を対象に、毎日全卵を食べることの影響を調べました。

  この人々を無作為に 3 つに分け、6 週間、通常の食事の一部として(1)毎日 2 個の卵か(2) 2 カップの卵代用品を食べるか、または(3)卵を含まない高炭水化物の朝食を食べてもらいました。

  6 週間後に、全卵か卵代用品を食べた人々で、総コレステロール値、血圧、体重、血管内皮機能への悪影響は認められませんでした。

  「この結果は、冠動脈心臓病の患者であっても、全卵は健康的な食事の一部となりうると示している」とこの研究者は結んでいます。

4/28/2013

関連:コレステロール値が気になる


▲ページの先頭へ

スポンサード リンク





ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス



Web www.rda.co.jp






スポンサード リンク