アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

メタボ腹またはリンゴ型肥満は腎臓病のリスクも高める !?

  メタボ腹またはリンゴ型肥満は、心臓病のリスクを高めることはよく知られていますが、腹部の余分な脂肪は腎臓病のリスクも増加させるようだと、新しい研究は示しています。

    腹部にたくさん脂肪がついた「リンゴ型肥満」は、大腿部からヒップに脂肪がついた「洋ナシ型肥満」と対照的に、心筋梗塞や脳卒中のような心臓血管疾患のリスクを増加させることが知られています。

  この研究は、リンゴ型肥満の人々は総合的に健康であっても、腎臓に異常がみられることが多いことを発見しました。

  腹囲が大きくなるほど、腎臓の血圧が上昇し、血液から老廃物を取り除く機能が大きく低下するというのです。

  この結果は、メタボ腹の人々は、腎臓の健康についても注意深くあるべきだと示唆しています。

  オランダのフローニンゲン大学医療センターのアヤン・クワケナク(Arjan Kwakernaak)氏らが、Journal of the American Society of Nephrology誌電子版に11日付で報告しました。

  この研究では、315人の健康体重か過体重の男女を調べて、ウエスト・ヒップ比の大きい(リンゴ型肥満の)人々は、腎臓機能が低下し、腎臓の血流が少なく、腎臓内の血圧が高い傾向があることを発見しました。

  この傾向は、健康体重の人々でも認められました。

  腎臓の血圧が高いことは、時間の経過とともに、腎臓の小さい血管に損傷を与え、血流から老廃物を吸い上げる性能が低下させます。

  この研究は、ウエスト・ヒップ比が 1 増加すると、腎臓の小さいフィルターを通過する血液量が 1 分あたり約 4 ミリリットル低下することを発見しました。

  「正常な老化では 1 年に 1 分あたり約 1 ミリリットル低下することを考慮すると、この結果は臨床的に重要だ」とクワケナク氏は説明します。

  リンゴ型肥満の人々は、血圧が正常で総合的に健康である場合でも、腎臓内の血圧が高い傾向がありました。

  過体重か肥満の人々では腎臓の状態はさらに悪化しました。

  この結果は、このようなの人々は、(食事の減塩と薬物療法のような)腎臓の血圧を下げる治療を受けることが望ましいだろうと示唆しています。

  リンゴ型肥満は、洋ナシ型肥満と比べ、心臓血管疾患のリスクが増加することが分かっていますが、この結果は、同じことが腎臓病でも言えることを示しています。

  肥満と腎臓病の増加との関係を示すビデンスが追加されました。肥満の人々は、腎機能を保護する重要性も認識することが必要です。

  世界保健機構(WHO)の定義では、ウエスト・ヒップ比(腹囲をヒップで割った値)が、男性は 0. 9 を、女性は 0. 85 を超えるとリンゴ型肥満となります。

4/13/2013
関連:生活習慣病、メタボリックシンドローム
***メタボリック(血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪値)が気になる方にお勧めのサプリメント***

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク


ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス



Web www.rda.co.jp



スポンサード リンク