アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

コーヒーが交通事故を半減!

  コーヒーを飲む習慣のある長距離トラック運転手は交通事故が少ないようだと、新しい研究が示しています。

  コーヒーやドリンク剤のようなカフェインを多く含む飲料を摂取した運転手は、長距離運転で睡眠時間も短いにもかかわらず、カフェインを摂取しない運転手と比べ、衝突事故が 6 割以上の少ないことが分かったのです。

  カフェインは、交替勤務の労働者の覚醒を高めることが示されている世界中の最も一般的に使用される覚醒剤の一つです。カフェインは睡眠の量と質に影響します。

  これまでも研究で、カフェインの摂取は覚醒を向上させるための効果的な戦略であることが認められていますが、今回の研究は、カフェインの摂取が事故の低減につながることが初めて示しました。

  しかし、道路安全の専門家は、重要なことは適切な睡眠であり、カフェインは睡眠の替わりにはならないと強調しています。

  オーストラリアのシドニー大学のリサ・シャーウッド(Lisa N Sharwood)氏らの研究が、British Medical Journal誌電子版に18日付で掲載されました。

  この研究は、12トン以上の長距離貨物の運転手を対象に行われました。

  過去の 12 カ月以内に長距離運転中に衝突事故を起こした 530 人のドライバーと、事故を起こしてない 517 人を比較しました。

  コーヒーと他のカフェイン含有飲料は、恐らく覚醒と警戒を高めるので、衝突事故のリスクを低減します。

  この研究の運転手の 43 パーセントは、運転中の眠気を防ぐためにコーヒーや紅茶、強壮ドリンク剤、錠剤などでカフェインを摂取していると報告しました。

  運手中にカフェインを摂取した運転手は、カフェインを摂取しない運転手より、衝突事故のリスクが 63 パーセントも低下することを発見しました。

  この分析は、年齢や睡眠パターン、運転距離、休憩、夜間運転スケジュールのような要素で調整されました。

  また過去 5 年間の衝突事故の記録のある運転手は、衝突事故のリスクが 81 パーセント上昇しました。

  この研究の運転手の 70 パーセントは、疲れた時は(道路安全の専門家が強く推薦する)仮眠をとるために駐車すると報告してました。

  「疲れた運転手は休憩をとる必要があるのは明らかだが、休憩中の仮眠かコーヒーを飲むことのような行動の効果は明らかではない」とシャーウッド氏は言います。

  「仮眠をとる、コーヒーを飲む、少し散歩するような行動が、その後の運転中の眠気防止と覚醒にどの程度貢献するかは、よくわかっていないので、さらに研究が求められる」と述べています。

  道路安全の専門家は、疲労と眠気に対する唯一の本当の対処法は睡眠だと言います。

  イギリスの運道路交通法規集には、運転中の眠気を払う最も効果的な方法は、例えば、2 杯のコーヒーのようなカフェイン飲料を飲むか短時間の仮眠をとることだと述べられています。

 居眠り運転を防ぐために、イギリスの運輸省の安全運転アドバイスのウェブサイトより

 * 2 時間ごとに 15 分間の休憩をとるドライブ計画を立てる

 *疲れて運転をしない。疲れて長距離運転をしない

 *長距離運転をするために非常に早く起床した場合の危険性を忘れないこと

 *眠気を感じやすい深夜から午前 6 時までの間の長距離運転は避ける

 *眠気を催し始めたら、路肩ではない安全な駐車場所を探しなさい。 2 杯のコーヒーかカフェイン高含有飲料を飲み、カフェインの効果が出るまで 10〜15 分間休憩する

 *眠気を防ぐ唯一の本当の対処法は適切な睡眠であることを忘れてはいけません。カフェイン飲料と仮眠は短時間の運転のために解決法です

3/20/2013

関連:記憶力、脳の健康コーヒー

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp



スポンサード リンク