アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***若さを維持したい方のためのお勧めサプリメント***

44 歳までに禁煙すれば寿命を全うできる!?

  若いうちに禁煙することで、喫煙者も、全く喫煙歴のない人々と同等に長生きできるという新しい研究結果が報告されました。

  40 歳前後までに禁煙することで、喫煙に関連した余命の短縮をほぼ取り戻すことができるだろうというのです。

  喫煙は平均余命を 10 年以上短くします。しかし、34 歳までに禁煙すれば、喫煙を続けた場合と比べて余命を 10 年延ばすことができ、喫煙の影響をほぼ帳消しにできます。44 歳までに禁煙した場合でも同じく余命を 9 年延ばすことができるようです。

  この研究結果は、喫煙が平均余命を約 10 年短縮すると示す日本、イギリス、米国の最近の研究結果に加えられます。以前の研究も、禁煙が、喫煙によって短縮した余命を回復させることができると示唆しています。

  カナダのトロント大学のプラブハット・ジャハ(Prabhat Jha)氏らの研究が、New England Journal of Medicine誌電子版に24日付で掲載されました。

  この研究では、1997〜2004 年の全米健康聞取り調査のデータを使用し、 25 歳以上の 20 万人以上(女性 113,752 人、男性 88,496 人)の喫煙歴および禁煙歴と、2006 年末までの生存を比較しました。

  喫煙者は、喫煙歴の全くない人と比べ、男女ともに平均余命が 10 年以上短くなることが分かりました。

  25〜79 歳の現役喫煙者の総死亡率は、喫煙歴の全くない人々の約 3 倍に増加しました。

  喫煙者の死亡率の増加は、主に、がん、心臓発作や脳卒中のような心血管疾患、呼吸器系疾患、および喫煙が原因の可能性がある他の疾患によるものでした。

  全く喫煙歴のない人々は、80歳まで長生きする可能性が、喫煙者の約 2 倍でした。

  禁煙は余命を延ばすことも分かりました。重要なことは、それが若ければ若いほど、余命が延びるということです。40 歳までに禁煙すれば、喫煙を継続した場合と比べ、死亡リスクが約 9 割低下します。

  喫煙を続けた人々と比べ、平均余命が、25〜34 歳で禁煙した人々は 10 年、35〜44 歳で禁煙した人々は 9 年、45〜54 歳で禁煙した人々は 6 年、55〜64 歳で禁煙した人々でも 4 年延びました。

  「 40 歳まで喫煙し、次いで禁煙することが安全とは言いません。元喫煙者も、全く喫煙歴のない人々より早死リスクは大きくます。しかし、喫煙を続ける人々の大きなリスクと比べれば、禁煙した人々のリスクは小さい」とジャハ氏は語っています。

1/26/2013

関連:抗老化、アンチエイジング
***若さを維持したい方のためのお勧めサプリメント***

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp



乾燥の季節にお勧めです。ローズのアロマに癒される化粧水、美容液は抜群の保湿効果です。全63種類の植物成分が配合された全て自然成分のスキンケア!美容液や集中ケアマスクまで 7 つのアイテムが試せます。たっぷり1週間分入っています。





スポンサード リンク