アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***メタボリック症候群(血圧、コレステロール値、中性脂肪値、血糖値)が気になる方にお勧めのサプリメント***
***食物繊維のお勧めのサプリメント***

脳卒中の予防にも食物繊維!

  野菜や果物の豊富な食事が、食物繊維の高摂取が、脳卒中の予防にも役立つようです。

  食物繊維の摂取量が多いほど、脳卒中のリスクが低下することを、31 万人以上の人々を含む研究が示しています。

  食物繊維の摂取量の増加は脳卒中のリスクの減少と関連することを、過去の複数の疫学研究の結果は一貫している示唆しています。

  脳卒中の種類(血管がつまる脳梗塞か血管が破裂する脳出血か)を問わず、リスクを低減する効果があるようです。

  食物繊維には、腸内環境の改善効果だけでなく、多くの研究でコレステロール値や血糖値、血圧を改善し、心臓発作を含む血管心臓疾患を予防する効果があることが示されています。

  中国の蘇州大学のリュウ(Q-F Liu)氏らの研究が、European Journal of Clinical Nutrition 誌 1 月号に掲載されました。

  この研究では、データベースを使用して、2012 年 7 月までに発表された食物繊維の摂取量と脳卒中のリスクとの関係を調べた研究を検索し、 総合的レビュー(再検討)を行いました。

  合計 31万4,864 人のデータを含む 6 つの前向きコホート研究を選定しました。

  これらのデータを統合し、ランダム効果モデルを使用して、食物繊維の摂取量による脳卒中のリスクへの効果を算出しました。

  全体で 8920 人の脳卒中患者が含まれました。

  食物繊維の高摂取は、全体、男女別、脳梗塞と脳出血を問わず、統計的有意に脳卒中のリスクを下げることが分かりました。

  全体の分析結果は、食物繊維の摂取量の最大グループは、最小グループと比べ、脳卒中のリスクが 13 パーセント低くなると示しました。

  男女別で分析すると、女性の食物繊維の摂取量の最大グループは、最小グループと比べ、脳卒中のリスクが 20 パーセント低くなり、男性は同様に最大グループが 5 パーセント低くなりました。

  脳梗塞だけでみると、食物繊維の摂取量が最大グループは、最小グループと比べ、発症リスクが 17 パーセント低下しました。脳出血に限定した場合も、最大グループが最小グループより 14 パーセント低くなりました。

  さらに分析すると、男女間または脳卒中の種類の間で、大きな差はないことが分かりました。

  また、この研究者は食物繊維の摂取量に応じた効果を算出しました。

  この結果は、食物繊維の摂取量が 1 日当たり 10 グラム増加するごとに、脳卒中のリスクが 12 パーセント低くなると示しました。

  「このメタ分析の結果は、食物繊維の摂取量と脳卒中のリスクの間には、統計的有意に、摂取量が増加するに従ってリスクが低下する(逆相関の用量応答の)関係があると示している」とリュウ氏は述べています。

1/22/2013

関連:脳卒中

***メタボリック症候群(血圧、コレステロール値、中性脂肪値、血糖値)が気になる方にお勧めのサプリメント***
***食物繊維のお勧めのサプリメント***

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp



乾燥の季節にお勧めです。ローズのアロマに癒される化粧水、美容液は抜群の保湿効果です。全63種類の植物成分が配合された全て自然成分のスキンケア!美容液や集中ケアマスクまで 7 つのアイテムが試せます。たっぷり1週間分入っています。





スポンサード リンク