アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

***メタボリック症候群(血圧、コレステロール値、中性脂肪値、血糖値)が気になる方にお勧めのサプリメント***

りんごが脳卒中を予防!?

  「1 日 1 個のりんごで医者いらず」という西洋のことわざは有名ですが、実際に、脳卒中の予防に役立つようです。

  果物や野菜、特にりんごと洋ナシ、緑葉野菜を多く食べることが、脳卒中のリスクを下げると、新しい研究は示唆しています。

  脳卒中の約 6 割が脳梗塞、約 3 割が脳出血です。

  野菜や果物を多く含む食事が、脳卒中や心臓発作を含む心臓血管疾患の予防に役立つことはよく知られいます。

  果物と野菜は、食物繊維やビタミン、ミネラル、カロテノイド、生物活性の植物化学物質を豊富に含みますが、種類によってその含有量は異なります。

  そこで、この研究は、特定の果物や野菜が、脳卒中のリスクの関係するかどうかを調べました。

  一般に、心臓血管の健康のために、抗酸化栄養素を豊富に含む赤や黄色、緑などのカラフルな野菜を食べるように推薦されます。

  しかし、この研究と、最近の他の研究が、白い果肉の果物にも有益な作用があると示唆しています。

  昨年の秋に、Stroke誌に掲載されたオランダのワーゲニンゲン大学の研究も、今回と同じリンゴや洋ナシのような白い果肉の果物が脳卒中のリスクを低減することを報告しています。

  やはり昨年の秋に、Journal of Functional Foods 誌に報告された米国のオハイオ州立大学の研究は、毎日に 1 個のリンゴを食べることで、脳卒中のリスクを高めるアテローム性動脈硬化を引き起こす酸化 LDLコレステロールのレベルを有意に下げることができると示しています。

  新しい研究は、スウェーデンのカロリスカ研究所のスザンナ・ラーソン(Susanna C. Larsson)氏らが、Atherosclerosis誌電子版に12月28日付で発表しました。

  この研究では、1997年秋に、食物摂取頻度アンケートに回答し、その後、約 10 年間追跡された 74,961 人(女性 34,670 人、男性 40,291 人)のデータを分析しました。研究開始時に、脳卒中、心筋梗塞のような冠動脈心臓病、がんの病歴をもつ人はいませんでした。

 10. 2 年の追跡期間に、合計 4089 人が脳卒中を経験しました。内訳は、 3159 人が脳梗塞、435 人が脳出血、 148 人がくも膜下出血、347 人が未特定の脳卒中でした。

  脳卒中の発症に影響する要因で調整後に、野菜と果物の総摂取量が最大グループは、最小グループと比べ、脳卒中全体のリスクが統計的有意に 13 パーセント低下することが分かりました。

  しかし、この関係は、高血圧でない人々に限られるようです。高血圧でない人々では、野菜と果物の高摂取は、脳卒中のリスクを 19 パーセント下げました。

  野菜や果物の中でも、リンゴと洋ナシ、緑葉野菜は、脳卒中と統計的有意に逆相関を示しました。

  リンゴと洋ナシの摂取量の最大グループは、最小グループと比べ、脳卒中のリスクが 11 パーセント低くなり、緑葉野菜の摂取量の最大グループは同様に脳卒中のリスクが 8 パーセント低くなりました。

  「この研究は、野菜と果物の摂取が増えると、脳卒中のリスクが低下する逆相関を示しました。特にりんごや洋ナシ、緑葉野菜の摂取は、脳卒中のリスクの低下に関係するようだ」とこの研究者は述べています。

1/20/2013

関連:脳卒中
***メタボリック症候群(血圧、コレステロール値、中性脂肪値、血糖値)が気になる方にお勧めのサプリメント***

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp



乾燥の季節にお勧めです。 全63種類の植物成分が配合された全て自然成分のスキンケア!美容液や集中ケアマスクまで 7 つのアイテムが試せて、たっぷり1週間分





スポンサード リンク