アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

10 分未満の運動にフィットネスクラブと同等の効果!?

  10 分未満の短時間の運動が、フィットネスクラブで数時間の運動をするのと同等の健康上の利益、メタボリックシンドロームの予防効果を得ることができると、新しい研究は示しています。

  10 分未満の短時間の運動も、腹囲を減らし、中性脂肪値や血糖値、善玉(HDL)コレステロール値を改善しました。メタボリックシンドロームはこのような心臓病のリスク要因の集合状態です。

  バス停や駅まで歩いたり、掃除のような日常生活の中の身体活動も、体重を減らし、コレステロール値や血糖値を下げ、心臓発作を予防するために役立つことも発見しました。

  米国のボストン大学医学部の予防医学の教授のニコル・グラザー(Nicole Glazer)氏らが、Medicine and Science in Sports and Exercise誌1月号に発表しました。

  この研究者は、「何もしないより、何であれ身体を動かすことは良いこと」であり、小さい積み重ねが大きな効果をもたらすという結論に至りました。

  たくさん運動することが心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患の予防に役立つことはよく知られています。しかし、10 分間未満の短時間の運動でも同様の効果があるというのです。

  この結果は、10 分間未満の運動でも、あなたの毎日のノルマとするなら、身体への効果が実感できると示しています。

  この研究では、平均 47 歳の 2,109 人の男女( 55 パーセントが女性)を対象に、身体活動を、アンケートで尋ねるのではなく、身体活動を測定するためのモニターを 5〜7 日間装着してもらって測定しました。このモニターは加速度計と呼ばれるもので、24 時間全ての身体活動を観測するのを可能にします。

  この人々は、フラミンガム心臓研究の第 3 世代コホートの登録者で、半分以上が過体重でした。

  適度から強い運動(身体活動)を対象に、総運動時間、10分間以上続けた活動時間、10分間未満の活動時間を算出しました。

  総運動時間は、統計的有意に、高いHDLコレステロール値、低い中性脂肪値や肥満度(BMI)、腹囲の減少、低い心臓病リスク(フラミンガム・リスクスコア)に関係ししました。

  重要なことは、10 分間未満の身体活動の総時間も、統計的有意に、これらのリスク要因と同様の関係を示したことです。

  健康な大人は、健康の維持増進のために、1 週間当たり 150 分間以上の活発なウォーキングのような適度な運動をするか、75 分間の水泳やジョギングのような強い運動をすることが推薦されています。

  1 週間に 150 分間以上の適度から強い運動をした人々は、これに満たなかった人々と比べ、肥満が少なく、肥満度(BMI)が低く、腹囲が小さく、中性脂肪値や血糖値が低くく、HDLコレステロール値が高く、心臓病のリスク(フラミンガム・リスクスコア)が低いことも分かりました。

  運動は、男性より女性で、心血管のリスク要因に強い影響を持ちました。

  恐らく、これは男女の生理学的な違いあるいは未測定の要因が理由だろうと、この研究者は述べています。

  身体活動には、バドミントン、ゴルフ、ハイキング、ジョギング、釣り、掃除のような家事、庭の芝刈りまで、全ての活動が含まれていました。

  しかし重要な発見は、10 分未満の短時間の運動の利益が、長く運動をすることと同等だったことです。

  この結果は、運動する時間がないか、一日の仕事が終わった後にジムで運動をするエネルギーの残っていない人々を勇気づけるだろうと、この研究者は言います。

  「フィットネスクラブへ行くことが、運動するためにあなたが出来る唯一のことではなく、階段を使用したり駅まで歩くようなことも運動に加えられます。運動をする時間がない場合でも、毎日の生活に組み込むことができるので重要です」とグラザー氏は述べています。

1/10/2013

関連:生活習慣病、メタボリックシンドローム

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2013 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp



乾燥の季節にお勧めです。 全63種類の植物成分が配合された全て自然成分のスキンケア!美容液や集中ケアマスクまで 7 つのアイテムが試せて、たっぷり1週間分





スポンサード リンク