アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

コレステロール値が気になる方にお勧めサプリメント

コレステロール値の検査前の断食は必要なし!?

  コレステロール値の検査を受ける前の断食は、大部分の人々で必要ないと、新しい研究は示唆しています。

  コレステロール値を調べるための採血前に食事をしたか、通常推薦される 8 時間以上の断食をしていたかで、コレステロール値に根本的な違いはないと、大規模研究の結果は示しています。

  特に、総コレステロール値とHDLコレステロール値は、断食の有無に関わらず、ほとんど変動がありませんでした。

  検査が午前中に集中するために混雑したり、断食するのを忘れてスケジュールを変更しなければならなくなることもあるので、コレステロール値の検査前の断食が必要なくなることは、患者や医療機関にとって好都合となるだろう、とこの研究者は言います。

  カナダのカルガリー大学の臨床病理学のクリストファー・ナウグラー(Christopher Naugler MD)氏らが、Archives of Internal Medicine誌に12日付で発表しました。

  この研究では、採血前の 1 時間以内に何か食べた人から 16 時間以上断食をしていた人まで含む、 20 万人以上のコレステロール値検査の結果を分析しました。

  断食時間に対する平均のコレステロール値を算出した結果から、断食時間の範囲を横断して、総コレステロール値とHDLコレステロール値の変動幅は 2 パーセント未満であることを発見しました。

  総コレステロール値とHDLコレステロール値は、通常、医師が、患者の心臓病のリスクとコレステロール値を下げるためにスタチンを使用するべきかを判断するために使用するので重要です。

  「定期的な検査では、 2 パーセントの差異はおそらく重要ではないと、我々は述べている」とナウグラー氏は語っています。

  一方、悪玉(LDL)コレステロール値は絶食時間に関連して 10 パーセント近い変動が、中性脂肪値は同様に最大 20 パーセントの変動がありました。

  これは、高い中性脂肪値か LDL コレステロール値をもつ人々は、検査前の断食が必要だと示唆します。

  しかし、大部分の人々は、非断食時の検査が「合理的な代替」になると、この研究者は述べています。

  この研究の対象となった人々は平均53歳で、総コレステロール値が平均 183 mg/dLでした。200 mg/dL未満の総コレステロール値が「望ましい」とされています。

  同誌の付随解説で、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の予防心臓専門医のサミア モーラ(Samia Mora MD)氏は「血中脂質の測定をする前に断食をすることが当たり前だと考えています。しかし、コレステロール値の検査前の断食の要求は、被験者に非常に高脂肪か高糖分の食事をさせた非常に小さい研究の結果が基になっています。大部分の人々は、検査前にそのような高脂肪の食事をしない」と述べています。

  「現在のガイドラインはコレステロール値の検査前に断食することを勧めています。しかし、この断食は必要ないと示すエビデンスは増加している」と続けます。

  しかし、この結果は比較的低リスクの人々の傾向であり、例えば、非常に高いコレステロール値をもつ人々では断食後と非断食後の測定値は同じでないかもしれないと注意しています。

11/13/2012

関連:コレステロール値が気になる
***コレステロール値が気になる方にお勧めサプリメント

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp





スポンサード リンク