アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス


生活習慣病が気になるなら!体内ではつくれない良い脂肪。1日の目安量の3分1を摂取できます!<PR>

善玉コレステロールが動脈硬化を改善し、心臓発作を予防!

  善玉(HDL)コレステロールを注入することで、心臓発作のリスクを低減することができるという有望な結果を、新しい研究が示しました。いずれ、心臓発作の直後に高まる再発リスクの低減に役立つことになるかもしれません。

  HDL コレステロールには、動脈や他の組織に蓄積したコレステロールを抜き取って回収し、肝臓へと運搬する働きがあります。結果として、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを低減します。

  この人間を対象とした早期の小さい研究は、善玉コレステロールを構成する主なタンパク質の静脈注射は、血管に蓄積し詰まらせるコレステロールを取り除く身体性能を「急速に」高めることを確認しました。

  有効に急速に HDL コレステロールを増やす方法はまだありません。

  臨床試験に成功すれば、作用がゆっくりの他の治療薬より、心臓発作の直後のリスクの上昇を減らすために役立つだろうと、この研究者は述べています。

  オーストラリアのCSL社のアンドレアス・ジル(Andreas Gille MD PhD)氏らが、米国心臓病学会の年次総会で発表しました。

  心臓発作の標準治療ではアスピリンと抗血小板薬が処方されますが、これらは血栓の形成を防ぎますが、根本的な原因である、アテローム性動脈硬化で血管内に蓄積したコレステロールを除去するためには役立ちません。

  ナイアシンやフィブラート系薬のような他の HDL 薬は、ゆっくりと HDL を増やし、効果が現れるまで年単位でかかり、治療開始の数年後の心臓発作を防ぎます。

  しかし、心臓発作か胸痛の直後の数日か数週間は、再発のリスクが高まります。この研究者によると心臓発作を経験した人々の 2 割は 1 年以内に再発を経験し、再発リスクは発作後の最初の数週間が最も高くなります。

  「最新の多拠点研究で、CSL112 は、心臓発作か心臓関連の胸痛の後に、短期間静脈注射として処方されるでしょう。この目的は、初期の再発のリスクの上昇を減らすことにより、急性の冠動脈症候群の治療におけるギャップに取り組むことだ」とジル氏は述べています。

  この研究で使用した CSL112 は、HDLコレステロールの主なタンパク質であるアポリポタンパク質A-1 (ApoA-1)の注入可能な自然の人間型です。

  この研究では、57 人の健康な人々で、 5〜135 mg/kg の CSL112 を静脈注射し、コレステロールの移動指標を調べました。

  偽薬の注射の場合に比べて、細胞からのコレステロールの抜き取りが即座に上昇しまし、基線から最大 270 パーセント増加しました。

  コレステロール除去に関与する HDL の一部であるプレベータ1-HDL は、劇的に増加し、基線から最大 3,600 パーセント上昇しました。

  重大な副作用はありませんでした。

  「全体的に見て、CSL112 は予想以上の効果を示しました。また、変更のすべてはコレステロールの回収運搬活動の予期された上昇と一致している」とジル氏は言います。

  悪玉(LDL)コレステロールの関連指標には好ましい変化は観察されませんでした。

  現在、多拠点研究で、安定した心臓病の患者を対象に、CSL112 の安全性および作用が評価されています。

  しかし、コロラド大学のロバート ・エクル(Robert Eckel MD)氏は、「この方法は役立ちそうだが、急速にHDLを上昇させることがどれぐらい重要であるかは分かりません。患者の最高利益のためにどのように変更するのがよいか、HDLコレステロールについて十分に分かっていない」と言います。

  運動習慣、適度の飲酒、オリーブ油のような健康に良い脂肪、ビタミンB群のナイアシンは、善玉コレステロールを増やすために役立ちます。

11/06/2012

関連:コレステロール値は気になる心臓の健康
***コレステロールが気になる方にお勧めのサプリメント***

毎日の活力UPに、 黒にんにく高麗人参! <PR>
▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp





スポンサード リンク