アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

ゴマに含まれる抗酸化ポリフェノールのセサミンをお手軽に。<PR>

禁煙で寿命が 10 年延びる!?

  喫煙者は、30 歳までに禁煙をすれば、寿命を 10 年延ばすことができると、130万人の女性を含む研究は示しています。

  喫煙は、例え 1 日に 1 本程度の喫煙であっても、若死にのリスクを大きく増加させました。

  しかし、30 歳ぐらいまでに禁煙をすれば、このリスクの増加をほぼ回避できるようです。

  喫煙の悪影響では喫煙の量より期間が重要でした。つまり、毎日 20 本を 20 年間より、1 日 10 本を 40 年間続けた場合の方が害は深刻です。

  そして「男性でも同様だろう」とこの研究者は言います。

  イギリスのオックスフォード大学のリチャード・ペト(Richard Peto)氏らの研究が、The Lancet誌に27日付で掲載されました。

  この研究では、1996年から2001年に募集した 130 万人の 50〜65 歳の女性を平均 12 年間追跡したデータを分析しました。女性は、 3年後に、生活習慣、医療歴、社会的要因に関するアンケートに回答しました。

  研究開始時に、女性の 20 パーセントが喫煙者で、28 パーセントが元喫煙者で、52 パーセントは喫煙の経験がありませんでした。

  追跡期間に、6 万 6 千人の女性が死亡しました。

  3 年後のアンケート調査の時点でまだ喫煙を続けていた女性は、非喫煙者と比べて、その後の 9 年間に死亡することが 3 倍近く増加しました。

  これは、50〜70 代の喫煙者の死の 3 分の 2 は喫煙が原因であると意味します。

  喫煙者と非喫煙者の間の差は、そのほとんどが、肺がん、慢性肺疾患、心臓病、脳卒中のような喫煙関連疾患に由来しました。

  喫煙者のリスクは喫煙量に応じて急上昇しました。しかし、研究開始時に、1 日に 1 本程度と少しか吸わない喫煙者でも非喫煙者の 2 倍という高い死亡率でした。

  この研究は、喫煙の害に加えて、禁煙の利益は以前の研究が示したより大きいということを発見しました。

  30 歳ぐらいまでに禁煙をした人はリスクの増加の 97 パーセントを回避できます。

  40 歳で禁煙した人々は深刻なリスクの増加が数十年も続きますが、40 歳以降も喫煙を続けた人々のリスクは 10 倍と激増します。

  欧米の若い女性の喫煙のピークは 1960 年代で男性より 10 年遅れていたために、これまで喫煙の女性の寿命への影響は過小評価されていたようです。

  「女性が男性のように喫煙をすると男性のように死にますが、男性か女性かに関係なく、中年になる前に禁煙をした人々は余命が 10 年延びるだろう」とペト氏は語っています。

10/30/2012

関連:アンチエイジグ、抗老化
***アンチエイジングのためのお勧めサプリメント***
▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス



そろそろ乾燥対策を!加湿空気清浄機
シャープ プラズマクラスターイオン発生機 ポータブル保湿タイプ IG-DK1S-W ホワイト系

SHARP プラズマクラスター搭載 加湿機能付イオン発生機
特価:¥5,980(税込) 送料無料

小型でデスクに気軽におけます!!高濃度プラズマクラスターを搭載で、加湿、空気清浄、美肌効果まで!!

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク