アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***メタボ(肥満、コレステロール値、血糖値、中性脂肪値、血圧)が気になる方のためのサプリメント***

「許す」ことが血圧の上昇を防ぐ!?

  「許す」ことは、実際にあなたを救うようです。

  「過ちは人の常、許すは神の業」と言われますが、難しいことではあっても、自分を傷つけた人々を許すことは、実際に自分(の身体)のためであるようです。

  怒りは血圧を上昇させるようです。しかし、過去の腹立たしい出来事を「許し」の視点から考えた人々では血圧の上昇が抑えられたことを、新しい研究は発見しました。

  対照的に、「怒り」の視点から立腹した出来事を考えた人々では、血圧の上昇が大きくなっただけでなく、この悪影響が長く続きました。

  血圧の上昇は血管にダメージを与え、心臓発作と脳卒中のリスクを上昇させます。

  米国のカリフォルニア大学サンディエゴ校の心理学部のブリッタ・ラーセン(Britta Larsen)氏らが、Journal of Biobehavioural Medicines誌電子版に20日付で発表しました。

  この研究では、202 人を 3 グループに分け、過去の腹立たしい出来事を「怒り」の視点から思い出すか「許し」の視点から考えるか、散漫に思い出してもらいました。

  次いで、全員に腹が立った出来事を自由に思いめぐらせてもらい、その後の 5 分間、ボーッとしてもらいました。

  この間、全員に血圧と心拍数を測定する装置を装着してもらいました。

  最初に立腹した出来事を思い出した時、全てのグループで血圧の上昇がみられましたが、怒りのグループは、許しのグループと比べ、血圧が 3 倍近くも大きく急上昇しました。

  血圧の上昇は、怒りのグループでは最大血圧が 9. 24、最小血圧が 4. 69 だったのに対し、許しのグループでは順に 3. 30 と 1. 51 でした。散漫グループでは順に 4. 81 と 1. 75 の上昇でした。

  次いで、自由に思い出してもらった時も、最初に許しを考えた人々で血圧の上昇が最も小さくなりました。

  許しのグループでは最大血圧が 7. 33 と最小血圧が 4. 73 の上昇でしたが、怒りのグループでは順に 12. 04 と 8. 64 でした。散漫グループでは順に 10. 50 と 7. 71の上昇でした。

  気持ちを静めるための時間をもった後にも、この効果は続いていました。

  しかし、両グループで、心拍数に違いはありませんでした。

  「小規模な研究ではあるが、この結果は、許すことが、ストレスの大きい出来事への身体の反応を抑え、身体への悪影響を防ぐ持続的な効果を提供するかもしれないと示唆している」とこの研究者は述べています。

  短期の血圧の上昇が有害であるかどうかは分かっていませんが、血圧の上昇が長く続くことは心臓発作や脳卒中のリスクの増加につながります。

7/31/2012

関連:高血圧、血圧が気になる心臓の健康脳卒中ストレス

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク