アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***メタボ(肥満、コレステロール値、血糖値、中性脂肪値、血圧)が気になる方のためのサプリメント***

赤ワインが腸内の善玉菌を増やす!?

  赤ワインを飲むことは、心臓の健康だけでなく、腸内環境を良好にするためにも役立つようです。

  毎日赤ワインを飲む習慣が、腸内の善玉菌を増やし腸内細菌バランスを改善して、健康に貢献すると、新しい研究は示唆します。

  腸内細菌叢を良いバランスで持つことは、食物の消化、免疫機能の調整、健康体重の維持、血液をさらさらに保つ(血栓を防ぐ)ためのビタミンK の生産などに役立つと考えられています。

  この効果は、ワインに含まれるアルコールではなく、ポリフェノールによるようだと、この研究者は言います。

  ポリフェノールは、赤ワインやダークチョコレート、コーヒーやお茶、野菜や果物のようなさまざまな植物由来の飲食物に含まれ、多くの研究で、心臓病など、さまざまな疾患の低リスクに関係することが示唆されています。

  スペインの聖母ビクトリア大学病院のマリア・イサベル・ケイポ-オルトゥー(Maria Isabel Queipo-Ortuno)氏らの研究の結果が、The American Journal of Clinical Nutrition誌6月号に掲載されました。

  以前の研究は、食事で摂取したポリフェノールが腸内細菌叢のバランスに影響を及ぼすかどうかを調べました。

  今回の研究は、ポリフェノールを多く含む赤ワインを飲むことが、(腸内細菌の生育促進に役立つ) プレバイオティクス効果があるかどうか調べました。

  平均 48 歳の 10 人の健康な男性を対象に対照臨床試験を行いました。男性は、介入に先立つ 15 日間はワインと他のアルコール飲料を飲まないように指示されました。

  続いて 20 日間の介入を3 回行いました。各介入では、毎日、270 ミリリットルのメルロー(濃い赤ワイン)か低アルコールの赤ワイン、または 90 ミリリットルのジンを飲んでもらいました。追加で他のアルコール飲料を摂取しないように指示しました。

  ジンは、赤ワインとは違い、ポリフェノールを含みません。

  この研究期間を通じて、男性は、食事や運動習慣を変えないように依頼されました。

  各期間ごとに、男性の血液、尿、大便のサンプルを採取し、体重と血圧を測定しました。

  メルローと低アルコール赤ワインのどちらも、男性の腸内細菌叢のバランスを同様に改善しました。どちらもビフィズス菌を含む善玉菌の割合を増やしました。

  メルローと低アルコール赤ワインの両方が、男性の血圧を下げ、中性脂肪とコレステロールを減らし、動脈硬化や心血管疾患のリスクに関連する全身性炎症マーカーの C反応性タンパク質も減らしました。

  メルローと低アルコール赤ワインの両方が腸内細菌に同様の良い効果を示したことから、これらの効果はアルコールではなくポリフェノールの働きであると推測されると、この研究者は述べています。

  この研究者によると、今回、初めて、習慣的な赤ワインの適度の摂取が、人間の腸内の善玉菌の成長に注目すべき効果をもつことが示されました。

  これらの結果は、赤ワインの適度な摂取習慣は、ブドウに含まれるポリフェノールのような成分の働きで、健康に重要な良い影響があると示すエビデンス(科学的根拠)を追加します。

5/25/2012

***赤ワイン・ポリフェノールのレスベラトロールのサプリメント***


関連:

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク