アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***赤ワイン、レスベラトロールのサプリメント***

ワインは肺機能も改善する!?

  適度な量のワインを飲む習慣には、肺機能を高める効果もあるようです。

  赤ワインと白ワインの両方の適度の摂取が、肺機能の向上につながるようだと、大規模疫学研究のデータが示しました。

  赤ワインに多く含まれる天然ポリフェノールで、最近はその長寿効果またはアンチエイジグ効果で注目されるレスベラトロールの摂取が、良好な肺機能につながりました。

  レスベラトロールの摂取は肺活量の増加に関係し、赤ワインではなく、白ワインの摂取は気道閉塞のリスクを低減しました。

  しかし、レスベラトロールが活性化するとされる長寿遺伝子(SIRT)は、これらの関係に影響しません。

  オランダのグローニンゲン大学メディカルセンターのブーズン(H.M. Boezen)氏らの研究が、European Respiratory Journal誌3月号に掲載されました。

  まず、東オランダのドゥーティンヘム(州の居住者を対象とした)コホート研究の登録者である 3,224 人を対象に、ワインとレスベラトロールの摂取による肺機能へ影響を調べました。

  赤ワインのポリフェノールであるレスベラトロールの摂取は、高レベルの強制肺活量 (FVC) と関連しました。

  白ワインの摂取も、高レベルの1秒間努力呼気容量(FEV1)と関連することを確認し、加えて FEV1/FVC の高レベルにも関連することを発見しました。これは気道閉塞の低リスクにつながります。

  さらにこの研究チームは、ドゥーティンヘムコホート研究から抽出した 1,152 人と、別の地域のコホート研究からの 1,390 人で、肺機能と 4 つの SIRT1 SNPs との関係を分析しました。

  赤ワインに含まれるポリフェノールのレスベラトロールは、肺で抗炎症作用を持ち、この効果は部分的にサーチュイン 1 (SIRT1)活性化を通してもたらされると考えれています。

  そこでこの研究者は、レスベラトロールによって活性化され長寿につながるとされるサーチュイン遺伝子( SIRT1)の 一塩基遺伝子多型 (SNPs) と肺機能との関係も分析しました。

  しかし、ワインとレスベラトロールの摂取を通じて直接的にも非直接的にも、これらの遺伝子(SIRT1 SNPs)は、肺機能との間に有意な関係はみられませんでした。

  「肺機能へのこれらの効果は、恐らく、 SIRT1のSNPs を通して働くのではない」とこの研究者は述べています。

  この研究結果に対して、アルコール研究国際科学フォーラムはコメントを発表しました。「幾つかの過去の研究が、ワインの摂取が肺機能を向上させると報告しています。肺機能への有益な効果は、レスベラトロールだけでなく、恐らくワインに含まれる多くの成分に関係しています」。

  「多くの科学研究に基づいて、適度のワインの摂取は、肺機能に好ましい効果があるようです」。

  「これらの疫学研究でみられるレスベラトロールの用量は、適度なワインの摂取で得られるレベルです。薬学研究における(寿命を延ばす薬としての可能性が追及されている)非常な高用量のレスベラトロールではない」と述べています。

  多量ではなく適度のワインを飲む習慣は、健康効果が期待できるようです。特に、赤ワインは、おそらくレスベラトロールの働きで、心血管疾患のリスクを下げると示す多くの研究結果はあります。しかし、肺機能に関しては、白ワインにも有益な効果が確認されました。

  適度な飲酒量は、1日当たり、男性ならワイングラス(120ミリリットル)に 2 杯、女性なら 1 杯までです。

3/11/2012

関連:赤ワイン、レスベラトロール

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク