アライブ!サプリメントカフェ

ホーム > Hotトピックス

サプリメントのご購入はこちらからどうぞ!!
***メタボリック(血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪、肥満)が気になる方のためのサプリメント***

数分間の運動が DNA を変える!? コーヒーに同じ効果!?

  運動をほとんどしない健康な男女がほんの数分間の強い運動を行うと、彼らの筋肉細胞の DNA にかなり即座に変化が現れることを、新しい研究は明らかにしました。

  息が上がるほどの強さの運動は、身体の脂肪と糖を燃焼し、身体を支えるために必要とされる筋肉の遺伝子を活性化させるようです。

  恐らく、さらに興味深い発見は、コーヒーに含まれるカフェインが、本質的に同じ方法で、筋肉に影響を及ぼすかもしれないということです。

  運動は、人間の筋肉の基本的な遺伝情報に影響することはありませんが、筋肉の DNA を非常に重要な方法で化学的かつ構造的に変更することを、この研究は発見しました。

  DNA の的確な位置での修正は、筋肉の遺伝子の再プログラムの、最終的には、運動による身体への構造的かつ代謝的な効果の初期変化であるようです。

  スウェーデンのカロリンスカ研究所のジュリーン・ジラース(Juleen Zierath)氏らが、Cell Metabolism 誌に6日付で発表しました。

  「運動は薬です」とジラース氏は言います。健康のために我々の遺伝子を変える方法は、ジョギングだけかもしれません。

  運動をしない人々に対しては、同様の効果をもつ薬(カフェインはこの候補の一つ) を開発するという方法があり得るかもしれません。

 「私たちの筋肉は実際に変更可能だ」とジラース氏は言います。

 「あなたの身体はあなたが食べる物でつくられると言われます。あなたの筋肉はあなたが行ったことに適応します。筋肉を使わなければ筋肉を失います。今回の発見はこの背後にあるメカニズムの一つだ」と続けます。

  この研究が示したDNA変化は後成的修飾として知られるもので、DNA の化学マーカーの獲得か損失を含みます。これらの変更は、運動への筋肉適応に重要な遺伝子を活性化することに関係する DNA 配列中で起こりました。

  この研究は、一続きの激しい運動の後に採取した骨格筋のDNAが、運動前によりも、化学マーク(特にメチル基)が減少することを発見しました。

  運動習慣のない健康な男性に、エアロバイクをこいでもらった後に、太ももの筋肉の組織を採取し DNA を分析しました。

  この DNA 変化は数分後には起きました。

  しかし、軽い運動では DNA に変化は起きません。話や会話をするのは難しく、息が切れるほどの強さの運動が必要でした。

  このDNA変化は、運動による筋肉の収縮と関係するようです。

  研究室の容器内で筋肉を収縮させると、同様のDNAメチル基の損失が起きました。

  運動が苦手な人々に朗報は、コーヒーを飲むことも運動と同様の効果があるようだということです。

  筋肉組織をカフェインにさらした場合も同じ効果がみられました。「カフェインも、他の方法で、運動による筋収縮を模倣する」とジラース氏は説明します。

  しかし、ジムで運動するより、コーヒーを飲むことを選びたい人々にとって残念なことは、運動の効果を模倣するためには、50〜100杯の濃いコーヒーを飲む必要があるということです。

  この発見は、私たちのゲノムが認められているよりはるかに動的であるというエビデンスを提示します。遺伝子を活性化しまた沈静化する後成的修飾は信じられないほどに柔軟な出来事であるようです。後成的修飾は、細胞のDNAを環境の変化に適応させます。

   3/8/2012

関連:運動をするコーヒー

▲ページの先頭へ

スポンサード リンク



ホームご利用上の注意お問合せサイト運営サイトマップページの先頭へ
©2005-2012 all rights reserved by Radiance Inc.

サプリメント・ショッピングナビのトップへ
お買物のお手伝い

バックナンバー
インデックス

Web www.rda.co.jp

*

*
スポンサード リンク